退職代行

公務員も退職代行が使える!即日で辞める方法は?利用前の注意点

公務員でも退職代行って使える?即日で公務員を辞めることって可能なの?など公務員で退職代行を利用したい、と思っている方には多くの疑問点がありますよね。公務員の方でも退職代行は利用可能で、条件によって即日退職もできます!

当記事では退職における公務員と民間企業の違いや即日退職するための条件、失敗しない退職代行の選び方などを解説します。この記事を最後まで読んでいただくことで、退職代行を利用したい公務員の方が抱く疑問を解消させることができますよ。

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん

公務員(教員・自衛隊等)も退職代行が使える!

公務員には教員や消防士、市役所勤務などの地方公務員、一部の警察官や自衛隊などの国家公務員がありますが、どちらも退職代行を利用することは可能です。

しかし、民間企業とは雇用に関する規定や法律が異なるため、退職代行業者の中には難しいという理由で公務員の依頼を拒否することもあります。

公務員でも退職代行利用は可能ですが、民間企業との違いを知ることや退職代行業者選びがポイントとなります。

退職代行が難しい?公務員と民間企業の違い

教員や自衛隊、警察官や市役所勤務など公務員と民間企業では様々な違いがあるため、退職代行を行うのは難しいとされています。退職代行を依頼する前に知っておきたい3つの違いについて解説をします。

  1. 退職の規定が異なる
  2. 辞令の交付が必要
  3. 自衛隊の退職は特に困難

①退職の規定が異なる

民間企業であれば退職をするときは、民法の627条により2週間前に退職を申し出れば会社を辞めることができます。しかし、地方公務員や国家公務員の場合は、それぞれ地方公務員法や国家公務員法などの規定に従わなければいけません。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条より)

公務員が辞めるためには任命権者による手続きが必要となるため、まずは任命権者から同意を得る必要があります。退職するための規定が異なるため、規定の違いに対応できる退職代行業者を選びましょう。

職員の休職、復職、退職及び免職は任命権者が、この法律及び人事院規則に従い、これを行う。国家公務員法61条より)

②辞令の交付が必要

公務員が退職する際には辞令の交付が必要となります。辞令の交付は辞令交付式で行われますが、出席を必ずしないといけないというわけではありません。

欠席をした場合は後日郵送で送ってもらうか、職場に取りに行けば辞令を受け取ることができます。辞令交付式に出席したくない場合は、その旨も退職代行から伝えてもらうと良いでしょう。

③自衛隊の退職は特に困難

公務員の中でも市役所勤務の職員や学校勤務の教員と比べて、自衛隊の退職は特に困難となります。その理由として、自衛隊の規定である自衛隊法の第40条により退職を申し出ても状況によっては承認しなくても良いと定められているからです。

そのため、退職を申し出ても断られる可能性があります。しかし、特別な事由がある場合を除いて、と定められているため、特別な理由があれば辞めることもできます。

自衛隊の方で退職代行を利用して辞めたいのであれば、特別な事由に当てはまる、ということを交渉できる退職代行業者を選ばないといけません。

第三十一条第一項の規定により隊員の退職について権限を有する者は、隊員が退職することを申し出た場合において、これを承認することが自衛隊の任務の遂行に著しい支障を及ぼすと認めるときは

その退職について政令で定める特別の事由がある場合を除いては、任用期間を定めて任用されている陸士長等、海士長等又は空士長等にあつてはその任用期間内において必要な期間

その他の隊員にあつては自衛隊の任務を遂行するため最少限度必要とされる期間その退職を承認しないことができる。自衛隊法40条より)

公務員が即日退職するための条件

  1. 規定の日数分の有給休暇が残っている
  2. 任命権者からの承認を得ることができた

一般的に公務員はその他の民間企業よりも、即日退職をすることは困難になっています。しかし、条件によっては実質の即日退職も可能となります。

まず、公務員は欠勤をすることができないため、退職までに定められている規定の日数分の有給休暇が残っており、さらに任命権者から承認を得ることができている、という2つの条件を満たせば有給休暇を利用して実質の即日退職も可能となります。

あわせて読みたい

退職代行ですぐ辞められる!即日退職できる方法と実際の流れを解説

公務員が退職代行を使う方法・流れ

  1. 公務員に対応できる業者を選ぶ
  2. 必要な日数など規定を確認
  3. 退職代行業者に依頼をする

①公務員に対応できる業者を選ぶ

まず最も大切なことは、公務員に対応をしている業者を利用するということです。すでに当記事でも解説してきた通り、民間企業と違い公務員の方が退職ををするための難易度が高いため、公務員は断られる可能性があります。

市役所勤務職員や教員などの公務員に対応をしていても、自衛隊は対応不可というケースもあります。まずは退職代行を行っている業者に無料相談で、自分のケースは対応をしているかを確認してみましょう。

②必要な日数など規定を確認

民間企業では退職までに必要な期間は2週間でしたが、公務員の場合はそれぞれ退職までに必要な日数などを定めている規定が異なります。

地方公務員であれば各自治体の規定を、自衛隊は自衛隊法、警察官は警察法、などそれぞれ自分の職に関係のある規定を退職代行に依頼する前に確認をしておいてください。

③退職代行業者に依頼をする

  1. 料金を支払う
  2. 希望退職日など打ち合わせ
  3. 退職代行業者が勤務先へ連絡を取る(退職代行開始)
  4. 書類の送付等、退職に必要な手続きを行う
  5. 退職が完了
  6. 辞令の受け取り

公務員に対応しており、自分のケースでも対応ができるという退職代行業者を選び、自分の方でも1度退職に関する規定を確認ができていれば、さっそく業者に依頼をしてみてください。

退職代行業者に依頼をすると、上記のような流れになります。料金を前払いし、希望退職日などを伝えて業者が、勤務先へ連絡を取ることで退職代行がスタートされます。

その後書類の送付など退職に必要な手続きを業者を通して行い、退職が完了となります。辞令は退職後に郵送などで受け取ることができます。

公務員向け!失敗しない退職代行の選び方

公務員の方が退職代行を選ぶときは、確認してほしい2つのポイントがあります。民間企業よりも退職が難しいからこそ、下記の失敗しないための退職代行の選び方を参考にしてください。

  1. 公務員の退職実績があるか
  2. 高難易度な交渉力を備えているか

①公務員の退職実績があるか

公務員に対応をしている退職代行業者でも、退職実績がほとんどないことがあります。公務員の退職は難易度が高いため、公務員の退職実績のある業者を選ぶようにしてください。

また、公務員の退職実績があっても、市役所勤務だけ、教員だけ、など実績のある業種が限られていることもあります。教員なら教員の、自衛隊なら自衛隊など自分と同じ業種の退職実績がある業者を選ぶとより安心です

②高難易度な交渉力を備えているか

退職の難易度が高い公務員は、交渉行為ができる労働組合か弁護士が運営する業者を選ぶ必要があります。民間企業が運営している業者などを選ぶと、結局自分で交渉をしなくてはいけません。

公務員の退職代行利用での退職には、勤務先との交渉は必要不可欠です。高い交渉力がある業者を選ぶと失敗しません。

退職代行ニチローは交渉行為ができる労働組合が運営している退職代行業者で、弁護士や社労士などと連携をしているので安心です。

料金も弁護士に依頼をするよりも低価格になっているので、交渉力のある労働組合なら退職代行ニチローがおすすめです。

あわせて読みたい

退職代行ニチロー

公務員の出社拒否やバックレは危険

公務員が無断欠勤をすると処分対象となってしまうため、出社拒否やバックレるのは危険です。欠勤については国家公務員は人事院の懲戒処分の指針で定められており、下記の通りになります。

ア 正当な理由なく10日以内の間勤務を欠いた職員は、減給又は戒告とする。

イ 正当な理由なく11日以上20日以内の間勤務を欠いた職員は、停職又は減給とする。 

ウ 正当な理由なく21日以上の間勤務を欠いた職員は、免職又は停職とする。

(人事院「懲戒処分の指針」より)

21日以上の間欠勤をすると、免職や停職を受けることは分かっている方も多くいますが、1日でも欠勤すれば処分対象となるのは知らない方も少なくありません。

公務員にとって無断欠勤は非常にリスクが高い行為です。そのような真似をするのであれば退職代行に依頼をするのがおすすめ。

公務員の退職代行は年度末がおすすめ

公務員が年度途中で退職をすることが少ないため、年度途中で辞めると履歴書に傷が残ってしまいます。特に公務員の中でも教員の場合は3月末以外に退職をすると、教員の採用面接のときに必ず理由を聞かれます。

再度教員としてすぐに勤務する場合は、年度途中で辞めていると前の学校の校長に事情を聞く校長も多いため注意が必要となります。

また、年度末に辞める最大のメリットは、定年退職者の多くとまぎれて辞めることができるということです。辞めるときには様々な事情がありますが、できれば年度末に退職代行を依頼するようにするのがおすすめです。

公務員を辞めにくいときは退職代行ニチローにお任せ!

当記事では公務員と民間企業の違いや即日退職するための条件、失敗しない退職代行の選び方などを解説しました。公務員でも退職代行業者を利用することは可能なので、迷っている方も安心してください。

公務員の退職代行を利用した退職は民間企業よりも難易度が高いため、交渉行為ができる退職代行業者を選ぶのがポイントです。公務員を辞めにくいと感じている方は、ぜひ退職代行ニチローに依頼をしてみてください!

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん