人間関係

職場の人間関係がうまくいく方法とは?重要なポイントを徹底解説

「自分だけ輪に入れない」
「どう話しかけたらいいのか分からない」
「機嫌の悪い上司がいる」
「苦手な人がいる」

このように、職場の人間関係に悩んでいる人は少なくないです。やりたい仕事だったはずなのに、人間関係がうまくいかないと作業効率も低下してしまいます。

人間関係のストレスがたまると精神疾患になる人もいますので、早めの対処が必要です。「もう少し頑張ろう」と我慢するのではなく、今日から出来ることを考えて行動することが大切です。

この記事では、職場の人間関係がうまくいく方法を徹底解説します。ぜひ、仕事は続けたいのに人間関係がうまくいかなくて困っている人、転職など仕事を辞めようか考えている人は参考にしてください。

お仕事に関する
お悩みを抱えている方は
お気軽にご相談ください
労働組合へ相談無料/24時間受付
労働問題は 労働調査組合
[ 24時間お電話受付 ] 丁寧に対応致します
今すぐ電話で相談
[ 迷ったら友達登録 ] お気軽にお話をお聞かせください
LINEで相談

職場の人間関係でうまくいかないと思う状況と解決方法

人間関係がうまくいかなくて、困惑している人もいるでしょう。あなたの職場のなかには、あまり関わりたくない人もいるのではないでしょうか?

性格が合わない人、考え方が合わない人がいても、仕事はしなければなりません。

仕事で支障をきたさない程度に関わるには、挨拶や感謝の言葉など、必要最低限のコミュニケーションを取れるようにすることが大切です。

この項目では、挨拶などに限らず、職場の状況別に具体的な解決策をご紹介します。

みんなの輪に入れない

みんなの輪に入れない場合でも、無理に輪の中に入る必要はありません。なぜなら、現時点で輪の中に入っていないということは、「あまり仲良くできなさそう」「苦手な人がいる」など、自分から関わろうという意欲が持てる相手ではない可能性があるからです。

また、心から「関わりたい」と思っていない相手と仲良くすることはストレスに繋がると言われています。

職場内で、集団で仲良くしている人はどんな会話をしていると思いますか?多くは、プライベートな話や盛り上がる共通の会話を持っています。

一方で、輪の中に入れない人は、相手と共通の話題を持っていない場合や誰とでも気軽にプライベートな話をできないことが考えられます。

一度、本当に輪の中に入りたいのか考えることが大切です。

輪の中に入れる人を羨ましいと思うときは、自分がどうしたいかではなく、周りの明るい人や誰とでも仲良くできる人と自分自身を比較している場合があります。

考えたうえで、輪に入りたいのなら、「会話の内容を知る」「入れるきっかけがないか探る」「聞き役として参加してみる」など、自ら考えて行動することが重要です。

輪に入れないことで、仕事に支障をきたしている場合は工夫する必要があります。たとえば、挨拶をする、顔を見ながら話をするなど最低限のコミュニケーションで仕事に支障をきたさないようにできます。

自分の気持ちを考えた結果、輪に入ることへメリットを感じないのであれば、無理に輪の中に入る必要はありません。

仕事量の嫌がらせを受けている

仕事量が周囲より多いまたは、少ないと感じる場合、相手の意図を考えましょう。嫌がらせをしてくる相手なら、周囲に相談し自分の仕事に集中することで、結果的にストレスがたまる状況は減ります。

人間は、過去の経験や自己評価からネガティブな思い込みをしやすいです。目の前にいる人は過去に出逢った人とは違う人のはず。

もしかしたら、上司はあなたに期待しているまたは、あなたの状況を配慮しているというポジティブな理由の場合もあります。

「あの人は仲がいいから仕事がたくさんもらえるんだ」と考える前に、他の人の仕事量と本当に違うのか、上司や先輩は何を意図としているのかを客観的に考えてみましょう。

そのうえで、相手に非がありそうなら、周りまたは人事にパワハラの可能性を相談しながら自分の仕事に集中しましょう。

話しかけ方がわからない

話しかけ方がわからない場合、あらかじめ伝えたいことを決めておくことが重要です。

職場で話しかけるときは、忙しい業務内に話しかけるため簡潔に伝える必要があります。

結論から話すことで、相手はあなたがこれから話す内容の趣旨を理解して聞くことができます。また、簡潔に話すことで、仲良くならなくてもスムーズに会話を進めることも可能です。

たとえば、会議の資料の話でも、来週の会議か明日の会議かで緊急度は変わります。

うまく話せるか不安な方は、結論・理由・詳細に分けて紙に書くことで頭の整理をしてみましょう。

報告等に限らず、気軽に話せるようになりたい人も、まずはとっかかり(服装や持ち物など)を決めることでテーマが絞られます。

仕事上の報連相も、気軽に話しかけたいときも相手に伝えたいことをあらかじめ決めてから話しかけましょう。

相手と意見が合わない

会議や話し合いをするとき、相手と意見が合わないのは当然のことです。落ち着いて会議の目的を思い出しましょう。

目的を思い出すことで、自分の考えがどのような根拠を持つのかを伝えることが出来ます。また、話
し合いがズレていることにも気がつける効果もあります。

さらに、意見が合わないことは人間関係のルールから見ても当然のことです。

あなたは「パレートの法則」を知っていますか?

人間関係には2:6:2の法則があります。この法則は、10人以上の集団内には2(優秀な人):6(普通な人):2(あまり優秀ではない人)がいて、2%の人が会社に良い影響を与えるという考え方です。

「パレートの法則」から派生した「2:6:2の法則」

・2(自分のことを好きになってくれる人)
・6(普通または行動によって好き嫌いが分かれる人)
・2(どうしても合わない人)

このように、どうしても合わない人も一定数います。

また、会議をする目的は互いの意見をすり合わせるためと言われています。最初から意見が合う必要はないです。

話し合いで人間関係が悪くなる状況の多くは、相手の意見を聞かずに押し通したり、感情論になってしまったとき。

どうしても考え方が合わない人もいるので、意見が合わないのは当然のことと考え、落ち着いて会議の目的を思い出しましょう。

苦手な人がいる

職場に苦手な人がいることでストレスを感じる人も少なくないですが、仕事だと割り切ることが大切です。

仲良くすることが円滑な仕事へ直接的には繋がりません。職場の人間関係は友人関係と違い、必ず仲良くすることはないのです。

たとえば、休憩時間に話が盛り上がっても、企画が必ず成功するとは限らないですよね?中には、盛り上がりの延長線上でいいアイデアが生まれることはあります。

しかし、必須事項ではないです。周りの意見も取り入れながら自分のペースで、仕事が滞りなくできれば問題ないでしょう。

前述した「パレートの法則」から考えても、あなたがどう頑張っても合わない人は一定数います。

人間関係がうまくいかないと思うなら、仕事を円滑に進めるためにも、職務上必要なコミュニケーションを取りましょう。たとえば、報連相は必ずする、挨拶や感謝の言葉は忘れないなどです。

苦手な人に頭を悩ますことはストレスに繋がります。「余計なことは考えない」「仕事だと割り切る」ことも必要です。

職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪い場合は、無理に介入しないことが大切です。介入することで、いざこざに巻き込まれ、悪い評価になる場合もあります。

行動しすぎないことで、自分の仕事に集中して取り組むことができます。

あなたが雰囲気をよくするために奮闘しても周りが期待通りに動くとは限りません。他人を簡単に変えることはできないのです。

上司に余計なことを言ってあなたが怒られることや愚痴・悪口を聞いているだけで、「一緒に言っていた」と言われてしまう可能性もあります。

巻き込まれると余計なストレスを感じてしまうでしょう。職場の雰囲気が悪くても、介入しすぎないことが大切です。

お仕事の悩みは労働組合へ!相談無料!

03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら

仕事の人間関係がうまくいく方法

ここまでで解説してきた状況・場面はあくまでも一例です。

ほかにも人間関係でネガティブに思うことはあるでしょう。これから紹介する人間関係がうまくいく方法を知っていれば、あらゆる場面で対応することができます。

自らコミュニケーションをとる

受け身な人も挨拶は自らしましょう。人間関係がうまくいく人は「積極的な人間関係」を育むために自ら行動しています。

積極的な行動が難しい場合は、必要最低限にコミュニケーションを取りましょう。

日本の社会はどちらかと言えばポジティブな人があらゆる場面で活躍しています。「挨拶をする」「率先して動く」「意見を述べる」など積極的に行動して、活躍できる場面を自ら手に入れています。

ほかにも休憩時間や労働時間外にも交流を深めている人は、自然と周りに人が集まりやすいです。しかし、積極的に行動することが大事ですが、世の中には受け身な人もいます。

相手に挨拶を自らすることは「人間関係がうまくいく」方法の一つです。「積極的にはなれない…」と受け身な人は次の項目を意識してみましょう。

表情や声のトーンを意識する

積極的に行動することが苦手な人は、表情や相槌など非言語コミュニケーションを意識しましょう。

メラビアンの法則では、「伝わる情報は視覚が5割以上」と言われています。人の印象は視覚が55%、聴覚が38%、言語が7%という法則です。

たとえば、無表情で「ありがとう」と言われても嬉しくないですよね?メールなどの文字だけでやり取りしていた相手の印象が実は違っていたということもあります。

積極的に行動することが苦手な人は「笑顔を意識する」「相槌を打つ」「相手の顔を見て話す」「聞き取りやすい声で話す」など、非言語コミュニケーションを意識しましょう。

非言語コミュニケーションもできるようになったら、次の項目も意識することで、さらに人間関係はうまくいきます。

ネガティブな言葉を使わない

相手に何かをしてもらったとき、ネガティブな言葉は使わないようにしましょう。

人間関係が上手くいかない人はネガティブ発言やすぐに反省したり、「すみません」と謝る人も少なくないです。「すみません」は謝罪であり、どちらかと言えばネガティブな言葉。

一方、「ありがとう」は感謝を示すものであり、どちらかと言えばポジティブな言葉です。

あなたがアドバイスをしたときに「すみません」と言われたら、どう思いますか?

相手に何かをしてもらったとき、お礼を必ず言うようにして、ネガティブな言葉は使わないようにしましょう。最初は、次の項目で解説するような「話しかけられやすい人」のまねをしてみてもいいですね。

話しかけやすそうな人を見つける

人間関係がうまくいかない人は、まず話しかけやすそうな人を見つけましょう。

話しかけることが苦手な人は、話しかけ方が分からないことが多いです。話しかけ方が分からない人は、見本をみつけることで具体的な方法を知ることができます。

自分が話しかけやすそうだと思った相手と話す経験を積むことで、少しずつ周りとも話しやすくなる可能性が広がります。

見本を真似していくことで、自分自身が相手から「話しかけられやすい人」になれることも。そうすれば無理に自分から話しかける負担も減ります。

話しかけやすそうな人を見つける方法は、挨拶をした際の反応から観察してもいいでしょう。話しかけやすい人の多くはこの項目で解説したコツが出来ている人が多いです。

話しかけやすい人を見つけることで、あなたの人間関係はうまくいくようになります。

相手の良い部分に注目する

相手の良い部分を探して、ポジティブ脳を増やしましょう。

よいところを見つけることで、相手への苦手意識が減っていき、コミュニケーションの幅が広がります。相手のよい部分を見つけることで、同じ「話す」という行動でもストレスの量が全く違うと言ってもいいくらいです。

人の意識は9割が無意識、残りが意識している部分と言われています。

意識的に相手の良いところを探すことで心に余裕ができます。無意識的にポジティブな気持ちも増え、人間関係が楽になります。

相手のいいところを積極的に探して「ポジティブ脳」を増やしましょう。

お仕事の悩みは労働組合へ!相談無料!

03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら

職場関係で決して無理をする必要はない

会社内で、苦手な人や関わりたくない相手と無理に仲良くする必要はないです。仲良くする必要はないですが、仕事が円滑にいくように工夫することは大切です。

人は、負の感情が蓄積されることでストレスを感じやすくなります。転職の理由の多くは「人間関係」なのであなたが悪いとは限らない。

前項で解説したように「2:6:2の法則」があるので、人には必ず苦手な人はいます。

「もっと話せるようになりたい」という人は、前項のコツで解説した「自らコミュニケーションを取る」「表情や声のトーンを意識する」「ネガティブな言葉は使わない」を意識することがおすすめ。

苦手な人や関わりたくない相手と無理に仲良くする必要はないです。仕事がスムーズにいくようになることを考えましょう。

自分の状況を客観的に考え、うまくいくコツを掴む

少しのコツで人間関係は楽になります。しかし、無理をしてストレスが蓄積するよりは「転職」を視野に入れましょう。

初めて勤務した会社での勤続期間階級別にみると、1年未満の期間では「人間関係がよくなかった」と回答した割合が最も高いが、1年以上~10 年未満の期間では「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」と回答した割合が最も高くなっている。

厚生労働省「平成 30 年若年者雇用実態調査の概況」より引用

厚生労働省「平成 30 年若年者雇用実態調査の概況」より引用

はじめての職場に限らず、入社して1年未満や新しい人が入社する、部署移動などの変化で最も気になるのは「人間関係」です。

我慢をしているとストレスが限界に達し、精神疾患になる場合もあると言われています。その前に対処することが大切。無理をしてストレスが蓄積するよりは、勇気を持って転職をする方がいいです。

しかし、まずは人間関係がうまくいく方法を意識して、自分の今の状況を少しでも変えることが大切です。

お仕事の悩みは労働組合へ!相談無料!

03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら