人間関係

職場の人間関係を気にしない方法!上手な接し方・解決策を解説

職場の人間関係が気になってしんどい、と思っている方は、どうすれば人間関係を気にしないでいられるのか知りたくなりますよね。考え方や接し方を変えることで、職場の人間関係は気にならなくなります!

当記事では、職場の人間関係を気にしない方法や気にしない人から学ぶ接し方・解決策などを解説します。この記事を最後まで読んでいただくことで、職場の人間関係を気にしない自分に近づくことができますよ。

お仕事に関する
お悩みを抱えている方は
お気軽にご相談ください
労働組合へ相談無料/24時間受付
[ 24時間お電話受付 ] 丁寧に対応致します
今すぐ電話で相談
[ 迷ったら友達登録 ] お気軽にお話をお聞かせください
LINEで気軽に相談

職場の人間関係を気にしない方法

会社というのは色々な価値観、思想を持った人達が集まってできた組織です。様々な価値観がある中で、自分には合わない考え方を持った人もいます。無理して付き合おうとすれば精神が疲弊してしまうのは必然なことです。

周りとの関係を気にしないためにも、考え方や対処方法を知ることが大事です。この項目では人間関係を気にしない具体的な方法を5つ解説します。少しでもあなたが会社で楽になれるように改善できれば幸いです。

  1. 仕事はお金のためと割り切る
  2. 適度距離感を見つける
  3. 仲良くする人を限定する
  4. 相手の言葉を真剣に受け止めない
  5. 思い込みではないか考える

①仕事はお金のためと割り切る

労働はあくまでお金稼ぎのために行うものと割り切る考え方は人間関係を気にしないために必要な考えになってきます。

会社を経営する立場の方からすれば、意識の低い考え、もっと会社に貢献してほしいと言う方もいますが、労働者側からすれば生活のため、趣味のためにお金が必要です。

上司から小言を言われようが給料は変わらないので、聞くところはしっかりと聞き、関係のないことや感情的なことは受け流してしまいましょう。

②適度な距離感を見つける

社内での過度な人付き合いや、休日のお誘いなどに疲れてしまっている人は「断る」ことを実践してみましょう。

断り過ぎると「あいつは付き合いが悪い」と人間関係が悪化してしまいます。ですので元から付き合いが悪いという印象を周りに植え付けて置くことで、自分が居やすい環境にすることが可能です。

印象の付け方が非常に大事で、黙々と仕事に取り組んでいて結果も出せていれば問題なく周りとの距離感を保つことができます。

難しいのが新人、新入社員です。この立場の人は自分の味方を1人は見つけておきましょう。限られた人と付き合うことで孤立も免れて、他の人たちとは程よい距離感を保つことができます。

③仲良くする人を限定する

人間関係を気にしない方法として自分が一緒にいて楽な人としか極力関わらないようにすることが大事です。

先述したように味方を1人見つけるにも繋がる部分ですが、仲が良い人だけと関わるようにすれば、会社にも居やすくなります。

学生のころでも、決まったグループのメンバーとしか一緒に行動をしなかったと思います。会社に出てもそういったグループ間で関わることも多々あります。

同じ部署の人、同期、同僚とだけ、と関わる人を絞ることで会社での窮屈な思いが少し楽になります。

④相手の言葉を真剣に受け止めない

自分の好きな人とだけ関わろうとしても、仕事をしている以上、嫌な人とチームを組んだり、同じグループになることもあります。苦手な人は自分にとって害のある人です。

傷つく発言や責める発言など、相手の言葉を全て真剣に受け止めることを辞めましょう。相手の言葉を真剣に受け止め、自分の悪い点を改善してよりよい仕事へとつなげることは大切なことです。

しかし、理不尽な言葉を真剣に受け止めると、心が疲れてしまいます。何度も言われた言葉を真剣に受け止めるうちに、相手からどう思われているのか、などが気になってしまうでしょう。

⑤思い込みではないか考える

相手から嫌われているのではないか、などと自分が思い込んでいないか状況を整理します。直接何も言われていないのに、責められているように感じる人に効果的な方法です。

人と関わるのが苦手であったり感受性が豊な人はこの傾向になりがちです。

ネガティブな思い込みが激しい人は、認知の歪みが原因のことがあります。声を聞き取れず相手が反応できない時に、「私のことを嫌いだから無視をしたんだ」などと誤った認識をすることも、認知の歪みに当たります。

改善するには、起きた出来事や感情をノートに書き、客観的に自分の考えに歪みがないかをチェックするのがおすすめです。認知の歪み、までではない人も自分の状況をノートに書き出して客観的に見る方法はぴったりです。

お仕事の悩みは日本労働調査組合へ!

03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら

何が違う?人間関係を気にしない人から学ぶ接し方

職場での人間関係を気にしないで働いている人の4つの特徴を、気にする人の特徴と比較をして解説します。なぜあの人は気にせずにいられるんだろうか、と不思議に思っている方は参考にしてください。

また、気にしない人の特徴を取り入れることによって、気にしてしまう自分を変えるきっかけとして役立ててください。

  1. 仕事上の関係だと割り切っている
  2. 自己肯定感が高い
  3. プライベートが充実している
  4. 人の目を気にしない

①仕事上の関係だと割り切っている

仕事上の関係だと割り切り、ドライな人間関係を築く

仕事上の関係だとは割り切れず、相手と親しくできないことに傷つく

人間関係を気にしない人は、職場での人間関係は仕事上の関係だと割り切ることができます。そのため、職場でぎくしゃくするなど人間関係が上手くいっていなくても、業務がスムーズに運べば良いと思えます。

しかし、仕事上の関係だと割り切れないと、良好な関係を築けていないことが気にかかり、心が傷ついてしまいます。職場の人間関係は割り切り、ドライな関係を築くのがおすすめです。

②自己肯定感が高い

自己肯定感が高く他人からの評価を気にしない

自己肯定感が低く、周囲からの評価が気になって仕方がない

自己肯定感が高い人は、自分の価値が高いことを知っています。そのため、他人からの評価を気にせずに生きていくことができます。しかし、自己肯定感が低いと、周囲からの評価が気になって仕方がなくなります。

自己肯定感を高くするにはいくつか方法がありますが、小さな成功を積み重ねることがおすすめです。例えば毎朝6時に起きる、職場についたらデスクを綺麗にする、などです。

③プライベートが充実している

プライベートが充実しているため、平日の嫌な出来事も上手にストレス解消ができる

プライベートも仕事のことばかり考えてしまうため、息抜きができない

休日や仕事終わりに趣味や自分の好きな知人やパートナーに会う、などプライベートが充実していれば、人間関係がこじれていてもプライベートの時間を楽しみに過ごすことができます。

このタイプは仕事上の人間関係でストレスが溜まっていても、上手にストレス解消ができるため周囲から見ると人間関係を気にしていないように見えます。

反対に、プライベートも仕事のことを考えてしまうなど、充実していないとストレスが溜まる一方です。プライベートは自分のための時間として、割り切って趣味などに使えるようにできると良いでしょう。

④人の目を気にしない

人の目が気にならないため、自分の仕事内容に集中できる

人の目が気になり、仕事内容に身が入らない

人の目を気にしない人は自分の仕事に打ち込み、余計な事に気を取られる時間を必要としません。そのため、自分の仕事内容に集中することができるため、業務がスムーズに運びます。

人間関係を気にする人は、人の目も気になります。人の目が気になる人は、他の人からどう思われているのかを気にしすぎてしまうため、仕事に集中することが難しくなってくるでしょう。

他人は自分が思っているよりも、自分のことを気にしていません。見られていると思っても気のせいだ、と思うと少し楽になります。

お仕事の悩みは日本労働調査組合へ!

03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら

職場で必要以上に気を使う必要はない!

職場で最も大切なことは、仕事をするということです。業務内容を行うために雇われて給料が発生しています。そのため、必要以上に人間関係に気を使う必要はありません。

つまり、任された仕事をしっかりと行っていれば、それだけで十分役割を果たしています。無理にみんなと仲良くしたり、職場の雰囲気を良くしようと無理をしたりしなくても問題ありません。

どうしても職場の人間関係に気になるときの解決策

①どこまで頑張るか期限を決める

自分の状況を把握し、あとどれくらい今の職場で頑張ってみるかの期限を決めてみましょう。そうすることで次のステップに進む際に、自分にできることはきちんと行ったという自信につながります。

期限の決め方としては、仕事上の区切りが良いタイミングや自分の目標の貯金額を達成するまで、など人によって異なります。自分のメンタルの状況と比較して、無理しすぎない目標が良いでしょう。

自分の状況を把握する方法として、厚生労働省委託事業として開設された「こころの耳」の職場のストレスセルフチェックがおすすめです。3分でできる簡易版と5分でできる2つのバージョンがあるため、試してみてください。

②部署異動ができないか相談する

今の職場の人間関係が気になって仕方がないけれど、仕事を辞めたくない場合は部署異動ができないか上司に相談をしてみましょう。また、部署を変えることができなくても、別の勤務先へ転勤ができることもあります。

同じ会社だとしても、働く勤務先の環境ががらりと変わることで人間関係はまた1から築くことができます。今抱えている職場の人間関係の悩みもなくなります。

会社の上層部はできる限り、社員には辞めて欲しくないと思うものです。人間関係が原因の異動は珍しいことではないため、今の職場で働き続けたい方は1度相談をしてみてましょう。

③退職・転職も視野に入れる

何をしても改善しない、ストレスも限界、社内での異動ができないという場合は退職や転職を視野に入れて行動をしましょう。

限界である場合はすぐに退職をしても問題ありませんが、金銭面が心配な場合は在職のまま転職活動を行うのがおすすめです。

在職中に転職活動をすることは珍しいことではないため、将来の不安を感じて中々転職に踏み出せない、という方はまずは在職中の転職活動を行ってみてください。

職場の人間関係が気にならないと楽になる!

当記事では、職場の人間関係を気にしない方法や人間関係を気にしない人から学ぶ接し方などについて解説しました。職場の人間関係が気にならないと、辛い気持ちが楽になります!

今の職場で頑張りたい方は、ぜひ気にしない方法や接し方を参考にしてみてください。また、限界な場合は異動や転職なども選択肢の1つなので、後悔しないように選択してください。

労働組合だから安心!!即日対応!

安心の労働組合運営一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら