人間関係

職場で孤立したときの対処法!人間関係がこじれる原因・過ごし方

職場で孤立をしてしまった、そう感じたときに気になるのは、どうすれば人間関係を改善することができるか、ということですよね。自分の言動や考えを変えることで、孤立した状態が改善したり楽になったりします!

当記事では、職場で孤立をしてしまったときの対処法や孤立する原因、孤立をした後の過ごし方などを解説します。この記事を最後まで読んでいただくことで、孤立して辛い今の状況を変える手助けになりますよ。

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん

職場で孤立してしまったときの対処法

職場で孤立をしてしまった場合の対処法を5つ解説します。現在孤立をしてしまい困っている、という方はぜひ参考にして対処法を取り入れてみてください。

  1. 孤立した原因を突き止める
  2. 自分から笑顔で挨拶をする
  3. 感謝と謝罪を意識する
  4. ビジネスマナーに気を付ける
  5. ポジティブに過ごせないか考える

①孤立した原因を突き止める

なぜ自分が孤立をしてしまったのか、まずは原因を突き止めることがおすすめです。原因を知ることができれば、その原因を解決することで孤立した状況も改善することができます。

孤立してしまった時期の前に何か自分の周囲で起きなかったか、また自分自身に問題がないか、確認をしてみましょう。

②自分から笑顔で挨拶をする

孤立をしているということは、ほとんど周囲の人と関わりがない状態です。そのため、まず最低限の接触を職場の人と取るために、毎日笑顔で挨拶を自分から行うようにしてみましょう。

実際にエン・ジャパンの調査によると、コミュニケーションを取る上で気を付けていることがある、と答えた人は「挨拶」と「笑顔」を心がけている人が多いことが分かります。

職場のコミュニケーションで気を付けていること割合
感じの良い挨拶をする68%
明るい笑顔で接する62%
適度な距離感を保つ57%
わからないことをそのままにしない52%
アドバイスや指摘を素直に受け止める52%

参照元:エン・ジャパン

「挨拶」と「笑顔」は簡単なのにコミュニケーション上における効果が期待できるため、これだけ多くの人が意識しているということが分かります。ぜひ、明日からすぐに取り入れてみてください。

③感謝と謝罪を意識する

仕事上の付き合いでもありがとうなどの感謝の言葉と、謝罪の言葉は重要です。何かが起きたときにすぐに感謝と謝罪の言葉がスムーズに出るように意識をしましょう。

この2つ言葉は何気ない日常で使うことができます。また、直接伝える以外に、資料をお願いする際に資料に付せんで感謝の一言を付けるのもおすすめです。

④ビジネスマナーに気を付ける

  1. 言葉遣いに関するもの
  2. 見た目に関するもの
  3. 立ち振る舞いに関するもの
  4. 業務に関するもの

最低限のビジネスマナーがないと周囲から浮いてしまいます。ビジネスマナーはいくつか種類がありますが、最低でも上記の4点は社会人として知っておく必要があります。

言葉遣いに関するものとしては、「丁寧語」「謙譲語」「尊敬語」を正しく使い分け、若者言葉などは使わないようにするなど、社会人として相応しい言葉遣いをすることです。

見た目では清潔感のある髪の毛や服装、そしてTPOに相応しい服装が大切です。立ち振る舞いとしては、挨拶や正しいお辞儀の仕方が当たります。お辞儀は角度や手の位置に注意が必要です。

業務に関するものは、名刺の受け渡しや電話対応などが当たります。特に名刺は差し出し方や受け取り方、受け取った後に置く場所など知らないとできないルールが存在するため注意が必要です。

⑤ポジティブに過ごせないか考える

職場での孤立は悪いことばかりではなく、メリットもいくつかあります。孤立している現状をネガティブではなく、ポジティブに捉えることで日常を楽に過ごすことができるようになります。

孤立をするということは時間が増える、ということです。何か自分のために過ごすことができないか、ということを考えてみてください。

職場の人間関係で孤立する原因

職場の人間関係で孤立する原因を4つ解説します。もし、この4つに当てはまってしまった場合は、自分のできる範囲から改善・対応することをおすすめします。

  1. コミュニケーションスキルが低い
  2. 周囲から嫉妬される
  3. 遅刻など問題行動を起こした
  4. 身なりに清潔感がない

①コミュニケーションスキルが低い

コミュニケーションスキルが低いと、上手に職場の人と関わることができずに孤立してしまいます。コミュニケーションスキルは聞く力と伝える力の2つが必要ですが、アサーションを学ぶと2つの能力アップが期待できます。

アサーションとは自分と相手の考えを尊重しながら、自己表現を行うコミュニケーションスキルです。アサーションを身に付けるにはトレーニングを行う必要があります。

アサーショントレーニングについては、セミナー参加や本を読んで学ぶことができます。特に本は何種類も発売されており、図書館にも置いてあるケースが多いためおすすめです。

【アサーションとは】

コミュニケーションスキルの1つ。アサーショントレーニングを行うことで、自分と相手を尊重できるコミュニケーションを目指す。

②周囲から嫉妬される

周囲から嫉妬をされて孤立をしてしまう人もいます。嫉妬内容は仕事であったり個人的な理由であったりなど理由は様々ですが、はっきりとした理由がない場合も多いのがこのケースです。

嫉妬をしてくる相手の気持ちを変えることは困難なので、まずは相手と同じ土俵に立たないことを意識してください。必要最低限の関わり方にして、相手の言動に反応を示さないようにします。

嫉妬をされる、ということは相手よりも優れているということです。相手の言動に傷つき、腹が立っても同じようにやり返したりはしないでください。

③遅刻など問題行動を起こした

過去に遅刻や、同僚とのもめごとなど問題行動を起こしてしまい、その結果孤立してしまうことがあります。問題行動を起こしてしまった場合は、その後の自分の姿を見てもらうことが大切です。

同じ失敗は行わず、当記事の対処法を行いながら仕事に真剣に向き合うことで時間が解決してくれるでしょう。時間がかかってしまうかもしれませんが、真摯な姿を周囲の人に見せてください。

④身なりに清潔感がない

シャツがよれよれ、スーツが汚れている、髪の毛が不衛生、など身なりに清潔感がないと孤立する原因となります。シャワーを含むお風呂は毎日入るようにしてください。

毎朝家を出る前に鏡で身なりの確認をする、正直に話してくれる知人に1度出勤姿をチェックしてもらう、などの対策もおすすめです。

孤立しても居心地の良い過ごし方

孤立をポジティブに捉えることができれば、孤立しても居心地良く過ごすことができます。具体的に孤立しても居心地の良い過ごし方を3つ解説するので、孤立するということは悪いことばかりではないことも知ってください。

  1. 仕事に集中し効率よく業務を完了する
  2. 昼休憩に好きなものを食べる
  3. 勤務時間外はスキルアップに使う

①仕事に集中し効率よく業務を完了する

孤立をしているということは、無駄なコミュニケーションの時間がないということです。そのため、仕事に集中することができ、効率よく1日の業務を完了することができます。

仕事に集中できるため、業務の品質も上がります。また、早く仕事が終われば、その分プライベートの時間を確保することができるでしょう。

②昼休憩に好きなものを食べる

孤立をしているのであれば昼休憩は一人で過ごすことになります。外に食べに行く場合は、自分の好きなものを食べに行くことができます。

また、外に買いに行く時間がなくても、好きなご飯を用意して職場に持っていき、お昼時間にスマホを触るなど自分時間として過ごすことが可能です。昼休憩を自分時間にできると、良い気分転換になります。

③勤務時間外はスキルアップに使う

同僚や上司と仲がよければ、仕事終わりに食事や飲みに誘われることがあります。断りたくても断り切れずに誘いに乗ってしまう人も多いです。

それらの業務時間外の時間が取られないため、資格取得の勉強や転職活動など自分のスキルアップの時間に使うことができます。また、食事や飲みはお金を使うため、誘われないことで節約にもつながって一石二鳥です。

孤立にどうしても耐えられないときの対策

対処法をしても改善しない、孤立をどうしてもポジティブに捉えられない、など孤立にどうしても耐えられないときの対策を2つ解説します。自分の心の状況を思いやりながら行動をしてください。

部署異動ができないか相談する

今の部署で孤立をしてしまっている場合、別の部署へ異動ができないか相談をしてみてください。同じ会社でも部署を変えることで、1から関係を築くことができます。

特に今の職場では孤立している現状を変えられない、と考えたときに有効な手段です。また、部署異動ができなくても、転勤ができる可能性もあります。まずは、相談をしてみましょう。

退職・転職する

今の職場でストレスが溜まるのであれば、退職や転職は1つの手です。エン・ジャパンの調査によると、退職を考え始めたきっかけの上位4位の中に「人間関係が悪かった」という理由が入ることが分かります。

退職を考え始めたきっかけ割合(男女全体)
やりがい・達成感を感じない41%
給与が低かった41%
企業の将来性に疑問を感じた36%
人間関係が悪かった35%

(参照元:エン・ジャパン)

人間関係を原因に退職をするのはよくない、と考える人も多いですが、実際には3割以上の人が退職を考え始めたきっかけとしているため珍しいことではありません。

うつ病など体調を崩してしまった、貯金があるから今すぐ辞めたい場合は退職を、お金や将来が不安であれば在職しながら転職活動がおすすめです。

仕事を辞めたい理由とは?約9割の人が退職を希望! 誰しも一度は「仕事を辞めたい」や「仕事に行きたくない」と考えたことがあるのではないでしょうか。好きなことを仕事にできる人は少なく、生活...

孤立しても必要以上に自分を責める必要はない!

当記事では、職場で孤立してしまったときの対処法や、孤立する原因や過ごし方などについて解説しました。職場で孤立をして困っている、という方はぜひ参考にしてください!

どう対応をしても孤立状態が改善されない、という場合は居心地の良い過ごし方を考えたり、異動や退職・転職をするというのも1つの手です。孤立をしても必要以上に自分を責めず、やれることをやってみてください!

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん