仕事辞めたい

工場勤務が辛いから辞めたい!辞めたいと感じる9つの理由とは?

工場勤務を辞めたいと思っている方は「給料がいつまでも経っても上がらない」「単純作業ばかりでつまらない」といった理由があるようです。作業自体は単純で楽かもしれませんが、給料が上がりにくいというのが問題です。

とはいえ、工場勤務を辞めた後の転職先が見つかるかどうか不安で、退職に踏み切れない人も多いのではないでしょうか?当記事では、工場勤務からのおすすめの転職先を、状況別に紹介していきます。

工場勤務が辛く、辞めたいと感じている方はぜひ参考にしてください。

お仕事に関する
お悩みを抱えている方は
お気軽にご相談ください
労働組合へ相談無料/24時間受付
労働問題は 労働調査組合
[ 24時間お電話受付 ] 丁寧に対応致します
今すぐ電話で相談
[ 迷ったら友達登録 ] お気軽にお話をお聞かせください
LINEで相談

工場勤務が辛いから辞めたいと感じる9つの理由

工場勤務は向き不向きが顕著に表れる職場のひとつです。さまざまな要因から、「辞めたい」と感じる人も少なくありません。

工場勤務が辛いと感じる、おもな理由として下記のようなものが挙げられます。

  • 作業ばかりで飽きる
  • やりがいがない
  • 体力的に辛い
  • 職場環境が悪い
  • 人間関係が悪い
  • 給料が低い
  • 生活が不規則になる
  • 危険が多い
  • 将来性がない

単純作業ばかりで飽きる

工場勤務は単純作業が多いので、飽きるという人もいるようです。工場勤務の場合は、作業内容がマニュアル化されており、手順が決められているところがほとんどだからです。

同じことの繰り返しだと、時間がなかなか経たないので、仕事をしている時間が長く感じがちになります。単純作業が魅力の工場勤務ですが、単純作業だからこそ飽きてしまうというデメリットもあるのです。

さらに、毎日同じ仕事の繰り返しになるので、仕事自体に飽きてしまいます。

やりがいがない

仕事にやりがいがないと、辞めたいと感じてしまいます。「この仕事は自分じゃなくてもいいのでは?」と考えてしまうからです。

工場勤務の場合、チームでプロジェクトを達成する喜びや、お客さまに喜んでもらえたときの嬉しさを感じる機会がありません。とくに、アルバイトや派遣社員など、非正規雇用の場合は、昇格の機会もあまりなく、やりがいが感じられません。

やりがいがない仕事を続けていると、次第に仕事へのモチベーションも下がってしまうのです。

体力的に辛い

体力的に辛い仕事だと、続けるのは難しくなります。工場勤務はデスクワークではなく、立ち仕事がメインなので、年齢を重ねるほど身体的に辛いと感じるものです。

さらに、重たい荷物を運ぶこともあり、ある程度の体力が必要になります。夏は暑く、冬は寒い工場内での肉体労働は、初めての人にとっては過酷です。

夜勤もあるので、クタクタになって家に帰っても、体が回復しないうちにまた出勤する人も多いのです。

職場環境が悪い

工場の中には、職場環境が悪いところも多いので、辞めたくなってしまう人もいます。不衛生な環境だと、体にも害があるからです。

昔よりはきれいな工場も増えていますが、まだまだ労働環境が整っていない工場もあるのが現実です。油やニオイが体についたり、虫が出る工場もあります。

薬品を扱っている工場などは、体に不調が出るケースもあるようです。職場環境が悪いと、続けるのが辛いと思ってしまうのも無理はありません。

人間関係が悪い

工場勤務に限らず、人間関係が悪い職場は、働く人にとってストレスになります。もともと、コミュニケーションが苦手な人が選びがちな仕事なので、とくに人間関係も悪化しやすいのです。

また、体育会系の工場も多く、根性論を叩きこまれることもあります。お客さま相手の仕事ではないので、従業員間の言葉遣いが悪いところも少なくありません。

黙々と仕事だけに集中していられればいいのですが、人間関係が悪いと精神的なストレスも大きくなります。

給料が低い

給料が低いと、仕事へのモチベーションが上がりません。工場勤務は成果が目に見えないので、評価されにくく、昇給しにくいのです。

国税庁の調査によると、令和元年の製造業の平均年収は475.6万円となっています。全体の平均が387.9万円なので、平均と比べると高く感じます。

しかしながら、工場の規模によって給与額はかなり変わってきます。10人以上30人未満の工場の場合、給与額は358.7万円です。

個人経営の工場だと、平均給与は202.3万円とさらに低くなります。

小さな工場だと、出世のポストも少なく、キャリアアップしにくいのです。目指す役職といっても、工場長やライン長くらいしかないところがほとんどです。

長年勤めても、なかなか給与が上がらないと、不安を感じるのも無理はありません。

生活が不規則になる

工場によっては生活が不規則になり、辞めたいと感じてしまいます。夜勤の仕事がある工場の場合は、交代制になるので生活が不規則になりがちです。

若い頃は睡眠時間が短くても回復できたかもしれませんが、年齢を重ねるごとにだんだんと厳しくなっていきます。三交代勤務の場合は、日勤と夜勤が交互に組まれ、生活リズムが整いません。

とくに家族がいる人は、生活リズムが合わないためにうまく寝れずに、寝不足になることも少なくありません。

危険が多い

危険が多いことで、転職を考える人もいます。デスクワークに比べると、危険は常に隣りあわせです。うっかりミスから、大きなケガに繋がる可能性もあるのです。

過去には下記のような事故も発生しています。

  • 機械に巻き込まれて指を切断
  • 滑って転んでケガをする
  • 落下して骨折する
  • 上から物が落ちてきて、ヘルメットで命拾いする

危険が多いと、続けるのが難しいと感じてしまうのも無理はありません。

将来性がない

工場勤務の仕事には「将来性がない」と感じる人もいます。この先、AIやロボットが発達し、人に代わる可能性も高いからです。

先述したように、工場は危険が多い仕事です。マンパワーではなく、機械で作業を行なうことで、リスクを軽減させようと考える工場も増えています。

さらに、会社の経営が傾けば、工場が閉鎖される可能性もあります。将来性がないと感じるのであれば、早めの転職も考えましょう。

工場勤務が向いていない人の特徴

「辛い」「辞めたい」という気持ちから「自分は工場勤務に向いていないのではないか?」と感じる人もいます。確かに、工場勤務は向き不向きが大きく分かれる仕事です。

工場勤務が向いていない人の特徴としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 評価されたい人
  • 人と関りながら働きたい人
  • 高収入を得たい人
  • スキルを身につけたい人

それぞれの特徴を具体的に解説していきます。

評価されたい人

仕事をきっちり評価されたいと思っている人は、向いていないかもしれません。工場勤務は目に見える成果が出にくい仕事だからです。

営業や販売などの仕事は、売り上げ成績など目に見える評価基準があるものです。しかし、工場勤務の場合、ミスをしないで正確に仕事をしていくことが基本になります。

ミスによるマイナスはあっても、プラスの評価がされることはほとんどないのです。周りから褒められたり、感謝されたい人には向いていない仕事といえるでしょう。

人と関りながら働きたい人

人と関りながら働きたい人も、転職を考えた方がいいかもしれません。同僚がいるとはいえ、工場勤務は作業がメインになるので、人との接点は希薄な仕事だからです。

お客さま相手の仕事である接客はもちろん、会社内でもいろいろな部署の人と接することができる仕事はたくさんあります。人と関りながら仕事をしたいのであれば、転職を検討した方がいいといえます。

高収入を得たい人

将来的に高収入を得たいのであれば、転職すべきです。先述したように、工場勤務は出世ポストが少なく、給料が上がりにくいからです。

製菓が分かりやすい営業職や販売職なら、自分の努力と成果に見合った収入を得ることができます。より高い給料を求めるのであれば、他の仕事を探すのもおすすめです。

スキルを身につけたい人

将来的に役立つスキルを身につけたい人は、別の仕事も検討してみましょう。工場で働いていると、与えられる裁量も少なく、なかなかスキルが身につかないからです。

空き時間で勉強して、資格を取ることもできますが、工場勤務は体力的にも厳しい仕事なので、仕事終わりにはクタクタになり、勉強どころではないことがほとんどです

仮に、会社が倒産した場合、スキルがないと就職先も見つかりません。専門性の高いスキルを身につけたい人は、転職も検討してみることをおすすめします。

工場勤務から転職する際の注意点

工場勤務から転職する際には、下記の点に注意してください。

  • 転職先があるかどうかリサーチする
  • 退職理由を明確にする
  • 今の会社に勤めるメリットとデメリットを考える

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

転職先があるかどうかリサーチする

まずは、転職先があるかどうかリサーチしておきましょう。工業地帯など、地域によっては工場ばかりのところもあるからです。

また、工場以外の仕事があっても、学歴や経験、資格が必要なこともあります。一時的な感情で退職しても、転職先がない可能性もあるので注意しましょう。応募条件を満たす転職先があるのか、事前に確認しておくことをおすすめします。

退職理由を明確にする

自分の気持ちと向き合い、退職理由は明確にしておきましょう。なぜ辞めたいのか、本当の理由が分からないと、同じことの繰り返しになってしまうからです。

人間関係なのか、仕事自体が嫌なのか、給料面に不満があるのか、じっくり考えてみてください。退職理由を明確にすると、どんなところに転職したらいいのかが見えてくるものです。

今の会社に勤めるメリットとデメリットを考える

最後に、今の会社に勤めるメリットとデメリットを考えておきましょう。どんな会社にも、良い面と悪い面があるものだからです。

最初に今の仕事先を選んだ時は、それなりの理由があったのではないでしょうか?デメリットにばかり目がいって、メリットを見失わないように注意しましょう。

工場勤務で考えられるメリットとしては、下記のようなものが挙げられます。

  • 残業があまりない
  • 学歴が必要ない
  • 福利厚生が充実している
  • 人と接せずに仕事ができる
  • クレーム対応する必要がない
  • 寮があるので生活費を抑えられる

退職すれば、当然今までの待遇はなくなります。本当にメリットがなくなっても生活できるのか、よく考えるようにしましょう。

工場勤務から転職した人の成功体験談

次に、工場勤務から転職した人の成功体験談をご紹介します。成功体験談を読むと、転職を前向きに考えられるようになります。

ネット上では、下記のような体験談が寄せられていました。

  • 生活が規則正しく送れるようになった
  • 楽しく仕事ができるようになった
  • 年収が上がった

それぞれの体験談を具体的に見ていきましょう。

生活が規則正しく送れるようになった

高校を卒業してすぐ、家から近い工場で働き始めました。部品を作る工場で、24時間稼働のため、従業員は三交代制で勤務していました。

早番の週があるかと思えば、翌週は夜勤といった感じでシフトが組まれるので、生活リズムは不規則です。「早く寝ないと」というストレスから寝られなくなり、寝不足のまま出勤することもありました。

7年ほど働いたあたりで、体調を崩すことが多くなりました。工場にも迷惑をかけるので、思い切って転職することに。

営業職に転職しましたが、もちろん夜勤はありません。生活リズムが整い、体を壊すこともなくなりました。

若い頃は無理なく働けていても、年を取ってくると同じようにはいかないことを実感しています。

楽しく仕事ができるようになった

新卒で大手電子メーカーの請負会社に入社しました。入社してすぐ、ゲーム機の部品を製造するラインを担当することに。

職場の人間関係がとにかく悪く、リーダーは毎日のように部下を怒鳴りつけていました。なかには、見えないところで暴力を振るわれた人もいたようです。

上司に相談したこともありましたが、上司はミスがないかを最優先に考え、リーダーのパワハラは見て見ぬふりでした。

このまま続けても会社は変わらないと見切りをつけた私は、スーパーマーケットに転職します。今までとはまったく違う仕事でしたが、人間関係には恵まれていました。従業員の仲が良く、意識も高いので、毎日が楽しくなりました。楽しく仕事ができるというのは、本当に幸せなことだと実感しています。

年収が上がった

以前は、プリンターなどオフィス用品の組み立ての仕事をしていました。

30代になって、将来を考えた時に、これ以上の収入は見込めないと判断しました。

仕事が暇なときは収入も少なくなり、安定した収入を得たいと考えた部分もあります。

そして、まったく異職種である飲食業へと転職します。

最初は不安もありましたが、今の年収は以前よりも上がりました。

もちろん見習い当時は、一時的に収入が下がりましたが、3ヶ月ほどで給料も揚げてもらえました。

調理師免許などを取得すれば、さらに収入がアップする予定です。

スキルを磨きながら、定年まで働ける仕事に出会えてよかったと心から思っています。

工場勤務を退職した後のおすすめ転職先

工場を退職しても、転職先がないのでは?と不安に思う方もいます。

しかし、工場勤務から実際に転職した人は大勢います。

おすすめの転職先を、状況別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

女性の場合

女性は早い方が転職に有利だといわれています。

年齢を重ねると、結婚や出産といったライフステージでの退職を不安視されてしまうからです。

女性でも転職しやすい、下記の職種をご紹介します。

  • 事務職
  • 技術職

それぞれの職種のおすすめ理由を詳しく見ていきましょう。

事務職

まず、最初のおすすめが「事務職」です。女性にはとくに人気のある仕事となります。

未経験からでも転職しやすく、残業や出張も少ないので、将来的にも続けやすい仕事だからです。基本的には座り仕事なので、工場勤務が肉体的に厳しいと感じる女性におすすめです。

「事務職」と一言でいっても、総務や人事、経理や法律事務など、さまざまな事務仕事があります。自分の興味のある仕事や、得意分野を生かせる仕事を探してみましょう。

技術職

次におすすめなのが「技術職」です。技術職とは、原料から製品を作る工程の設計を行なう仕事を指します。

それに対し、工場で実際に製造する仕事は「技能職」と呼ばれます。つまり、技術職と技能職は補完関係にあるので、今までの工場で見てきたことが役立つ可能性があるのです。

需要も増加しており、未経験でも応募できるところが多いのが特徴です。プログラマーやエンジニアといったスキルを身につけられる会社もあります。技術職に転職したいのであれば、専門の転職エージェントを使うのもひとつの手です。

高卒の場合

次に、高卒の方の転職先をご紹介します。高卒の場合は、「学歴不問」の仕事を探すのがポイントです。学歴不問の企業が多い職種としては、下記が挙げられます。

  • IT業界
  • 公務員

それぞれのおすすめポイントを詳しく見ていきましょう。

IT業界

最初のおすすめは「IT業界」です。IT業界は学歴を重視しない会社が多いので、高卒でも入社しやすいからです。

IT業界がもっとも重要視するのは「技術」です。技術さえあれば、高卒であっても大卒や専門卒と大差ない年収が期待できます。IT業界は需要も高まっており、募集も比較的多いので、ねらい目の仕事なのです。

公務員

次のおすすめは「公務員」です。地方公務員や国家公務員試験に合格すれば、学歴は問われません。

もちろん、簡単な試験ではありませんが、挑戦してみる価値はあります。とはいえ、教員や警察職は大卒も多く、出世スピードが違うこともあるので、頭には入れておきましょう。

安定した職に就きたいと考えている人には、公務員はおすすめです。

30歳以上の場合

30歳以上で未経験となると、職種によっては転職がかなり厳しくなるのが現実です。しかし、業種によっては社会経験やスキルのある30代が求められることもあります。

とくにおすすめなのは下記の仕事です。

  • 営業職
  • 介護職

なぜおすすめなのか、詳しく見ていきましょう。

営業職

「営業職」は30歳を超えている人におすすめの転職先です。即戦力が求められるので、社会人経験のある30代が優遇されるところも多いからです。

営業経験がなくても、募集している企業は少なくありません。20代で工場勤務をしてきた経験を生かす意気込みと熱意があれば、30代でも転職は可能です。

今まで製造してきた物と関連のある企業であれば、より転職に有利になります。

介護職

「介護職」も30代の人におすすめの仕事です。需要が増えてきており、未経験者を募集しているところも多いからです。

介護職であれば、働きながら介護福祉士やヘルパーの資格を取ることもできます。将来的に役立つスキルを身につけたい人には、とくにおすすめの仕事です。介護職なら、親の介護の際にも役立つというメリットもあります。

工場勤務をスムーズに退職する方法

次に、工場勤務をスムーズに退職する方法をご紹介していきます。今後の転職のためにも、できるだけ円満に退職しましょう。スムーズに退職する方法としては、下記が挙げられます。

  • 上司には早めに相談する
  • 退職日を明確にする
  • 引き継ぎの予定を立てる
  • 会社と揉める場合はプロに相談する

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

上司には早めに相談する

退職を決めたのであれば、上司には早めに相談するようにしましょう。ライン上で必要な人員を捻出必要があるからです。

上司に伝える際は、工場内で伝えるのではなく、できるだけ人目につかないところで伝えるのがベストです。周りに退職が伝わると、理不尽な扱いを受けかねません。

退職理由は「辛い」といったネガティブな理由ではなく、「やりたい仕事が見つかった」などの前向きな理由にすると、引き留められにくくなります。

退職日を明確にする

次に、退職日を自分の中で明確に決めましょう。上司に不要な引き延ばしをされないためです。

転職先の入社日が決まっているのであれば、その日までに退職しておく必要があります。また引継ぎの予定や有給日数などを考慮して、退職日を決めましょう。

引き延ばされる可能性も視野に入れて、ギリギリに設定するのではなく、余裕を持った日程を伝えてください。

引き継ぎの予定を立てる

引き継ぎの予定も、事前に立てておくとスムーズに退職できます。引き継ぎができていないことを理由に、辞めさせてもらえない可能性もあるからです。

工場勤務は基本的にマニュアル化された作業が多いので、引き継ぎ事項はあまりありません。しかし、リーダーなどの役を任されている場合は、引き継ぎをしておいた方がスムーズに退職できます。

引き継ぎが必要かどうかが分からない場合は、上司に相談することもおすすめです。

会社と揉める場合はプロに相談する

もし、会社と退職について揉めるようなら、プロに相談することをおすすめします。体育会系の工場だと、強引に退職の話をなかったことにされてしまうことも少なくありません。退職代行サービスは、あなたに代わって退職の手続きをしてくれます。

有給を取らせてもらえない、退職の話すら聞いてもらえないといった場合は、プロに相談した方がスムーズに退職できます。

工場勤務が辛いなら転職も考えよう!まとめ

工場勤務は肉体的にも精神的にもストレスを感じることが多い仕事です。毎日の仕事が辛くて「辞めたい」と思う人も少なくありません。

本気で工場勤務が辛いのであれば、前向きに転職を検討しましょう。自分に向いた仕事を見つけて、楽しく仕事ができるようになりたいものですね。

自分の力では難しいと感じるのであれば、転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。あなたの希望に沿った、ベストな転職先を提案し、転職を支援してもらえるでしょう。