人間関係

職場の女性が苦手…!人間関係を克服するノンストレスな付き合い方

職場にいる女性との人間関係で悩み、ストレスが溜まっている方は、どうすれば上手く付き合っていけるのか、人間関係を克服したい、と思いますよね。職場の女性との人間関係では、臨機応変な対応がカギとなります!

当記事では、ストレスを溜めない職場の女性との使い方、女性特有のトラブルの対処法や解決策などについて解説します。この記事を最後まで読んでいただくことで、職場の女性とノンストレスな関係を築けるようになります。

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん

ストレスを溜めない職場の女性との付き合い方

職場の女性との人間関係でストレスを溜めない付き合い方について、5つのポイントを解説します。すでにストレスを感じる関係になっていても、この方法は十分に役に立つでしょう

  1. 笑顔で接するようにする
  2. 発言を否定しない
  3. 距離感に気を付ける
  4. 悪口に参加しない
  5. 相手の長所を見つける

①笑顔で接するようにする

女性との人間関係で必要なのは笑顔です。挨拶をするときや仕事上のやり取りでコミュニケーションを取るときは、できるだけにこやかにすると相手に良い印象を与えることができます。

また、笑顔で接することで自分が相手に好意がある、と思わせることができます。好意には好意で返したくなる「好意の返報性」が発生するため、相手と良好な関係が築けるようになるでしょう。

【好意の返報性とは】

返報性の原理の1つ。相手から好意を受けた際に、好意でお返しをしたくなるという心理作用。類似の作用をするものとして「嫌悪の返報性」がある。

②発言を否定しない

自分と違う意見であっても、真っ向から否定をするとトラブルへと繋がります。否定をすることで相手が自分のことを嫌っている、と思われてしまうと「嫌悪の返報性」が起きてしまう恐れがあります。

「嫌悪の返報性」は嫌われている相手を嫌いだと思う心理作用です。自分とは意見が違っても、やんわりと意見を伝えるだけで否定をしないように注意をしましょう。強い言葉を使わないようにすると効果的です。

③距離感に気を付ける

距離感が近すぎると、トラブルへと繋がりやすいでしょう。女性によっては業務を円滑にするためか、どんどん距離を縮めようとする人も多いです。

しかし、相手のペースに合わせず、自分の中で上手に線引きをして付き合うようにしてください。職場で友達関係になる必要はないため、適度な距離感を意識して人間関係を築くようにしてください。

④悪口に参加しない

女性同士のグループなどで悪口大会になることがありますが、その場にいても悪口には参加しないようにしてください。

1度悪口に参加してしまうと周囲から悪いイメージをもたれ、悪口を話したい人からは聞いてもらえるターゲットと認識されてしまいます。参加しないということは、止めるということではありません。

悪口が始まれば離席する、その場にいても同意をしない、などが悪口に参加しないということです。悪口はやめよう、など直接止めるとトラブルにつながるため、控えた方が良いでしょう。

⑤相手の長所を見つける

ちょっと面倒な女性の上司や同僚や部下も、色々な面を持っています。長所を見つけていくことで自然と相手のことを好意的に見れるようになります。

相手のことを好意的に感じれば自然と態度が変わり、相手にその気持ちが伝わります。そうなることで笑顔で接すると同様に「好意の返報性」の効果が期待できます。

最初は長所を見つけることが難しいかもしれませんが、今日は1個長所を見つける、など目標を決めると見つけやすくなります。

実例別!女性特有の人間関係トラブルの対処法

女性特有の面倒な人間関係のトラブルの対処法を、実例別に解説します。どれもよくあるケースなので、当てはまるものがあればぜひ参考にしてください。

①突然無視をされてしまったら…

  • 業務に問題がない=必要最低限の接触にする
  • 業務に影響が出る=上司に相談をする

昨日までは普通に話していたのに、突然無視をされてしまうようになったというケースです。女性との人間関係トラブルではよくあるものなので、経験をした人も少なくありません。

業務上に問題がなければ挨拶だけをするようにして、後はスルーをするのがおすすめです。もしも無視によって業務上に影響が出てしまう場合は上司に相談をするようにしてください。

②身に覚えのない噂話をされたら…

  • 悪質ではない=スルーして噂がなくなるのを待つ
  • 悪質な噂=真実を話す、相殺する噂を流してもらう

職場で身に覚えのない噂話を流されると、訳が分からず辛い思いをします。噂が悪質なものでなければ、1か月程度で噂話がなくなるためスルーで問題ありません。

しかし、内容が悪質であったり、そのままにしておくと不名誉だったりする噂話は対応が必要です。噂話を教えてくれた人に真実を話す、別の人に「本当は~だよ」と相殺する噂を流してもらうのもおすすめです。

③自分ばかりが注意をされたら…

  • 適切な注意=完璧に仕事をこなす
  • 理不尽な注意=受け流す、第三者に相談をする

同じ会社で同じような業務内容なのに、自分ばかりを注意する女性社員というものが存在します。注意が適切であれば、腹は立ちますが完璧に仕事をこなすようにスキルアップするのが自分にとって最もためになる方法です。

しかし、内容が理不尽なものであれば、嫉妬などの感情から注意をされていることがあります。真に受けずに受け流すか第三者に相談をするようにしてください。

④誘いを断って孤立したら…

  • 関わりたくない=適切な距離感で付き合う
  • できれば仲良くしたい=こちらから誘ってみる

時間があるときの昼休憩や業務が終わった後や休日に、食事や遊びに行こうという誘いを断ったら職場で孤立をしてしまった、というケースは珍しくありません。

誘いを断って孤立をした場合は、適切な距離感で付き合うことがおすすめです。もし、できれば仲良くしたいと考えるのであれば、1度こちらから誘ってみるのも有効です。

誘いを断るときは、下記の3つのポイントに気を付けると上手く断ることができます。

  1. その場ですぐに
  2. なぜ行けないのか、理由を伝える
  3. 誘ってくれたことに感謝する

断るときはその場ですぐに断り、行けない理由を告げます。断りやすい理由としては習い事をしている、など用事を伝えるのがおすすめです。そして最後に誘ってくれたことに対して、ありがとうと伝えると良いでしょう。

⑤プライベートに踏み込んできたら…

  • 別の話題にすり替える
  • 質問を質問で返す
  • 笑って流す

程よい距離を保ちたいのに、ぐいぐいとプライベートなことに踏み込んでくる女性が職場にいるとやっかいです。はっきりと嫌だと断るとトラブルにつながるため、やんわりと断ることが大切です。

聞かれたくない話を聞かれたときは、別の話題にすり替えたり、相手に質問を返すのがおすすめです。また、笑って流す、という方法も有効です。

女性とのトラブルを気にしないのも有効な手段!

女性特有のトラブルに巻き込まれた場合は、気にしないというのは有効な手段となります。相手に無視をされているときなどに、反応を示すとトラブルがこじれてしまう恐れがあります。

トラブルに関して反応を示さないと、時間が経てば元通りになっていることも多々あります。あくまでの職場には仕事をするために行っている、と思いトラブル相手の女性を気にしないように過ごしましょう。

ストレスの限界!改善不可能なときの解決策

職場における女性との人間関係がどうしても改善不可能で、ストレスが限界のときの解決策について解説します。当記事の付き合い方などを試しても改善しない、すでにストレスの限界という方はぜひ参考にしてください。

①第三者に相談する

人間関係のトラブルは自分だけで抱え込む人が多いですが、第三者に相談をすることで思っているよりもスムーズに解決することがあります。

ストレス解消が目的であれば友達や同僚に相談をすればいいですが、トラブルの解決を目的とするのであれば上司や専門の窓口がおすすめです。

上司・会社の相談窓口

どうしても解決ができない、悪質な嫌がらせを受けている、などの状況では上司や社内にある相談窓口に相談をして第三者として間に入ってもらいましょう。

また、特定の人とトラブルになっている場合は、部署異動の相談をするのもおすすめです。社内の人間関係のことで相談をするのは恥ずかしい、と思うかもしれませんが、自分の心を守る方が大切です。

総合労働相談コーナー

職場の女性からいじめや嫌がらせを受けている場合は、総合労働相談センターへの相談をしてみましょう。総合労働相談センターは無料で予約不要なため、いつでも気軽に相談をしに行くことができます。

総合労働相談センターに嫌がらせなどで相談をしてもよいか、不安になるかもしれませんが「個別労働紛争解決制度の施行状況」によると、「いじめ・嫌がらせ」の相談件数が最も多くなっています。

会社の上司や相談窓口に相談ができない場合は、ぜひ1度利用を検討してみてください。

【総合労働相談センターとは】

嫌がらせやパワハラなどあらゆる労働問題に関する相談や、情報提供を行っている厚生労働省の機関。(参照元:総合労働相談コーナーのご案内

②ストレス解消をして上手に付き合う

仕事は続けたい場合は、プライベートでストレスを解消することでバランスを取るようにしましょう。平日のストレスと上手に付き合うことで、毎日を乗り切ることができます。もちろん、無理は禁物です。

好きなことや趣味があれば、そのための時間を取るようにしましょう。人によって合うストレス解消法は異なりますが、下記におすすめのストレス解消法をまとめました。ぜひ、参考にしてください。

おすすめのストレス解消法
  • 読書をする
  • ショッピングに行く
  • スポーツジムで身体を動かす
  • 映画館・美術館・博物館に出かける
  • 公園をのんびり散歩する
  • 面白いと感じるゲームに没頭する
  • のんびりとお風呂に入る
  • 家の中を綺麗に掃除する
  • カラオケで思いっきり歌う

③耐えきれないなら転職をする

ストレスが溜まり耐えきれなくなると体調を崩してしまいます。そうなれば転職活動もままならなくなるため、そうなる前に耐えきれないと思ったなら転職をするのがおすすめです。

職場にいる女性が原因の人間関係トラブルで辞める場合は、直接申し出る事も怖いという場合もあります。そういった場合は、退職代行を利用するのも1つの手です。

特に退職後に会社の人と連絡を取りたくないのであれば、退職代行業者の中でも労働組合、もしくは弁護士が運営している会社にしましょう。そのどちらかであれば、交渉行為も依頼することができます。

女性との人間関係は特殊!臨機応変な対応がカギになる

当記事ではストレスを溜めない職場の女性との付き合い方、トラブルの対処法や解決法などについて解説しました。女性との人間関係は特殊なので、臨機応変な対応を行うことがカギとなります!

職場の女性に関する人間関係のストレスに困っている方は、当記事を参考にしてください。すでに限界なら第三者へ相談やストレス解消法を試し、それでも駄目なら転職という方法もあります。後悔のない選択をしてください。

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん