仕事辞めたい

事務職で辞めたい方へ|転職した人の成功体験談やおすすめ転職先を解説!

「自分は事務仕事に向いてないのではないか?」「事務が辛いから辞めたい」とお悩みではありませんか?

シンプルな仕事だと思われがちの事務仕事ですが、実際に働いてみると辛くて辞めたいと感じる人も少なくありません。

当記事では、事務が向いてない人の特徴や、実際に事務から転職した人の体験談を徹底解説していきます。

事務仕事が辛く、辞めたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、事務が向いてない人にぴったりの対処法が見つかるはずです。

お仕事に関する
お悩みを抱えている方は
お気軽にご相談ください
労働組合へ相談無料/24時間受付
[ 24時間お電話受付 ] 丁寧に対応致します
今すぐ電話で相談
[ 迷ったら友達登録 ] お気軽にお話をお聞かせください
LINEで気軽に相談

事務職が辛いと感じる7つの理由

一見、誰にでもできそうに見える「事務職」という仕事ですが、実際にやってみると肉体的にも精神的にも辛い仕事です。

経理事務や営業事務など、事務にはさまざまな種類がありますが、事務全体を通して仕事が辛いと感じる理由を解説していきます。

  • やりがいがない
  • 飽きる
  • 人間関係が複雑
  • 仕事量が多い/少ない
  • 給与が低い
  • キャリアップの機会が少ない
  • 肩こりや目の疲れ

それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

やりがいがない

仕事にやりがいを感じられないと、辛いと感じるものです。

やりがいがないと、仕事がつまらなくなってしまいます。

事務の仕事は、他の部署や社員のサポート的な役回りであることがほとんどです。

縁の下の力持ちといった存在で、事務職があるから会社がスムーズに回っているといっても過言ではありません。

とはいえ、営業やマーケティングなどのように、目に見えない成果が出せないのも事実です。

成果が目に見えないので、自分の仕事が何に役立っているのかがわからなくなります。

実際はとても忙しいのに、他部署の人からは感謝されるどころか「暇そう」と思われることもあります。

やりがいがないと、何のために働いているのかわからず、辞めたくなってしまうのも無理はありません。

飽きる

また「飽きる」のも辞めたいと思うポイントになります。

事務仕事のほとんどは、決まった仕事をひたすらこなす単調作業だからです。

接客ではないので、職場以外の人と話す機会はあまりありません。

さらに、人間関係もほとんど変わらないので、環境にも空きやすくなります。

プレゼンテーションや接待の機会もないので、刺激がなく、つまらないと感じる人も少なくありません。

単純作業なのでラクだと思われがちな事務仕事ですが、単純作業だからこそ変わらない毎日に飽きる人も多いのです。

人間関係が複雑

人間関係が複雑だと、仕事はストレスになります。

事務仕事は意外と人とのコミュニケーションが必要な仕事だからです。

一人で黙々と仕事がしたいと思い、事務仕事を選んだ人は、人とのコミュニケーションが辛いと感じる人も少なくありません。

事務仕事は一人でできるものではありません。

それぞれの作業を分担し、仕事を回しています。

一人の作業が遅れると、全体に迷惑がかかってしまうのです。

報連相の徹底など、協調性も必要不可欠です。

また、事務職の現場は、女性が多い、年配の人ばかりなど、特殊な人間関係に悩む人も少なくありません。

人間関係が複雑だという理由で、事務職を辞めたくなる人は多いのです。

仕事量が多い/少ない

仕事量が多すぎる、また反対に少なすぎることがストレスになるケースもあります。

多すぎれば残業が増えますし、少なすぎると勤務時間を持て余してしまうからです。

自分が抱えている仕事がキャパオーバーになると、忙しさのあまり、体調不良になることもあります。

また、反対に簡単すぎると、仕事がないのにパソコンと向き合っていなければなりません。

上司が目を光らせている中、やることもないのに仕事をしているフリをし続けるのは意外とストレスになるものです。

ちょうどいい仕事量であればいいのですが、こなせる仕事量には個人差もありますし、なかなかちょうどいい仕事量の会社はありません。

給与が低い

事務職はほかの職種に比べて給与が低い傾向にあります。

営業などのように、直接会社の利益に繋がる仕事ではないからです。

また、残業もそれほど多くないので、残業代も支給されません。

20代の事務職の平均給与は348万円で、全体平均よりも45万円ほど低いというデータもあります。

参照:https://paralegal.co.jp/jim-average-income

ひと昔前は社歴に応じて自動昇給もありましたが、最近では年功序列制を廃止した会社も増えてきています。

年功序列制の代わりに採用されているのが成果主義という制度です。

成果主義は年齢や勤続年数に関係なく実績を評価するので、社員のモチベーション向上にも繋がります。

ただし、事務職のようなバックオフィス部門は、成果の評価基準がわかりにくいため、キャリアアップしづらくなってしまうのです。

給与が低いと、モチベーションが下がり、辞めたくなってしまうのも無理はありません。

キャリアアップの機会が少ない

キャリアアップの機会が少ないことで、転職を考える人もいます。

何年働いてもキャリアアップできないと、社歴を重ねても、あまり仕事内容が変わらないからです。

総合職であれば、異動を重ねて昇進したり、より責任ある仕事を任されることも可能です。

しかし、事務職は仕事内容が変わらないので、キャリアを積んでいく見通しが立ちにくいというデメリットがあります。

自分から積極的に専門的な資格を取得したり、スキルを極めなければ、キャリアアップは難しいといえます。

キャリアアップの機会がないと、モチベーションが下がり、辞めたくなってしまうのも無理はありません。

肩こりや目の疲れ

肩こりや目の疲れで、退職を考える人もいます。

事務職はパソコンと向き合うデスクワークが多いからです。

一日中、パソコンと向き合って仕事をしていると、目や肩、腰、首が疲れやすくなります。

ひどい場合にはVDT症候群(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を引き起こすこともあります。

そうなると、肩こりや目の疲れだけでなく、睡眠障害や抑うつといった症状が表れてしまうのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、体への負担は大きくなっていきます。

事務職が辛い時の対処法

上記のようなさまざまな理由により、事務職が辛いと感じるのは無理もないことです。

事務職が辛いと感じた時は、まず下記の対処法を試してみてください。

  • 仕事と割り切る
  • 軽く体を動かす
  • 目の疲れや肩こりを予防する
  • 期間を決めて頑張ってみる
  • 積極的にコミュニケーションを取る
  • 転職活動をする

それぞれの対処法を具体的に解説していきます。

仕事と割り切る

さまざまなストレスを、仕事と割り切るとラクになることもあります。

辛いことがあっても「お金をもらうため」と割り切ると、我慢できる可能性があるからです。

事務職に限らず、どんな仕事にも辛い一面はあります。

ある程度のストレスは、仕事と割り切って我慢しましょう。

とはいえ、我慢しすぎるとうつ病などの精神疾患を患うリスクがあります。

自分の体や心と向き合って、どこまで我慢できるかを見定めるようにしましょう。

軽く体を動かす

仕事中に軽く体を動かすことも大切です。

肩こりや目の疲れ、腰の痛みを軽減させることができます。

同じ姿勢を長時間続けていると、筋肉が固まって、血行不良が生じます。

その結果、筋肉が疲労したり、凝りやハリが起こるのです。

筋肉を動かすことを意識して、軽く肩を回したり、ストレッチをすることでラクになるかもしれません。

また、休みの日にはウォーキングや軽い運動をして、日ごろの緊張をほぐしましょう。

意識して体を動かすことが、疲れを軽減させるポイントになります。

目の疲れや肩こりを予防する

目の疲れや肩こりを事前に予防することも忘れないようにしましょう。

姿勢や環境を少し調整すると、予防することができるからです。

改善方法としては、下記のポイントに注目してみてください。

  • モニターを40㎝以上離す
  • モニターと周囲の明るさをできるだけ同じにする
  • ブルーライト対策をする
  • 正しい姿勢を意識する

それぞれのポイントを意識し、目の疲れや肩こりを予防することで、肉体的にはラクに仕事ができるようになります。

期間を決めて頑張ってみる

期間を決めて、頑張ってみることもおすすめです。

短いゴール設定をすることで「辞めずに頑張ろう」と思えるからです。

「一生この仕事を続けていかなければならない」と思うと、不安やストレスが大きくなります。

しかし、半年や一年と期間を決めると、意外と頑張れるものです。

そのうちに、仕事に慣れてやりがいが見つかることもあります。

転職や退職は一年頑張ってみてもダメだったときに、考えても遅くはありません。

積極的にコミュニケーションを取る

積極的にコミュニケーションを取ることも意識してみましょう。

職場に馴染めないことで「辞めたい」と思ってしまう人も少なくないからです。

人見知りで自分から話しかけづらい人は、下記の点に意識してみてください。

  • 笑顔で挨拶をする
  • 相手の顔と名前を覚える
  • 分からないことはしっかり聞く
  • 積極的に周りの人の手伝いをする

しばらく続けていると、自然と職場に溶け込むことができるようになります。

最初は大変かもしれませんが、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

転職活動をする

思いきって転職するのもひとつの方法です。

どうしても辛いのであれば、無理に今の仕事を続ける必要はありません。

体調を壊したり、心が壊れる前に、転職活動をするのもおすすめです。

転職活動をしていくと、今の会社の良さに気づく可能性もあります。

「辛い」「辞めたい」と思ったら、悩まずに転職活動をしてみましょう。

事務が向いてない人の特徴

「自分が事務に向いてないのではないか?」と思う人もいます。

確かに、どんな仕事にも向き不向きはあるものです。

事務が向いてない人の特徴としては、下記が挙げられます。

  • 周りの空気が読めない人
  • 消極的な人
  • 体を動かしたい人
  • 電話応対が苦痛な人
  • コミュニケーションを取るのが苦手な人

それぞれの特徴を具体的にみていきましょう。

周りの空気が読めない人

周りの空気が読めない人は、事務職には向いてないといえます。

事務の仕事は、周りの動きを見ながら仕事をこなさなければならないからです。

他の人がやっていない仕事を見つけて、自分が率先してやらなければなりません。

また、自分の業務をやりながら、足りないところに目を配り、次の仕事を見つける必要もあります。

周りの空気が読めないと、事務の仕事を効率的に行なえません。

消極的な人

消極的な人も、事務職には不向きです。

消極的だと、いつまでも仕事を覚えられないからです。

事務の仕事は多岐にわたります。

電話対応や来客応対、コピーや郵便の仕分け、書類の整理や顧客データ管理などもあります。

すべてがマニュアル化されているわけはなく、その事案が発生した時点で覚えることも少なくありません。

先輩の仕事を観察し、わからないことは積極的に質問する必要があるのです。

そのため、消極的な人はなかなか仕事が覚えられず、辞めたいと思ってしまいます。

体を動かしたい人

体を動かしたい人は、事務以外の仕事がおすすめです。

事務職はおもに座り仕事になるため、体を動かしたい人にとってはストレスになります。

日によっては、席を立つのがトイレか休憩のときだけという日もあります。

長時間同じ姿勢をキープすることで、筋肉が収縮し、疲労感は倍増します。

なかには、買い出しや銀行・郵便局への外出がある仕事もありますが、ほとんどの事務仕事はデスクワークがメインになります。

体を動かしたい人が事務仕事をすると、ストレスになる可能性が高いので注意が必要です。

電話応対が苦痛な人

電話応対が苦痛だと感じる人も、事務仕事は不向きです。

事務仕事の大切な仕事のひとつが、電話応対だからです。

会社の代表電話が事務につながっているケースも少なくありません。

上司に取り次ぐ電話だけでなく、なかにはクレームや難しい問い合わせの電話が入ってくることもあります。

最近では家に電話がない家庭も多く、知らない人との電話を苦痛に感じる若者は少なくありません。

電話を取ることが苦痛な場合は、事務仕事は務まりません。

コミュニケーションを取るのが苦手な人

コミュニケーションを取るのが苦手な人も、残念ながら事務仕事には向いていません。

一人で黙々と作業する仕事だと思われがちな事務仕事ですが、部署内での連携が必須な仕事だからです。

報告・連絡・相談、いわゆる報連相ができなければ、周りは進捗状況もわかりません。

自分勝手に進めてしまうと、チームプレーがスムーズにできなくなることもあります。

コミュニケーションを取るのが苦手な人は、周りにも迷惑をかけてしまうのです。

事務から転職する際の注意点

事務職から他の仕事へ転職を成功させた人は少なくありません。

とはいえ、転職に失敗しないよう、事務職から転職する際には、下記の点に注意しましょう。

  • 転職理由を整理する
  • アピールポイントを見つける
  • 面接に注意する

それぞれの注意点を具体的に解説していきます。

転職理由を整理する

まずは、自分がなぜ転職したいのか、転職理由を整理しましょう。

転職理由がわからないと、転職軸が決められないからです。

転職軸とは、転職先を決める際に重視する条件を指します。

自分が今の会社のどこに不満を持っているのか、また次の仕事にはどんなことを求めるのかを自分の中で整理しておきましょう。

漠然とした理由で転職活動をしていても、会社や職種を絞り込むのは難しくなります。

また、転職理由を整理しておかないと、転職先でもまた同じような状況に陥ってしまう可能性が高くなるので注意しましょう。

アピールポイントを見つける

次に自分のアピールポイントを見つけることも大切です。

アピールポイントは転職活動には欠かせませんし、あればあるだけ転職には有利になります。

事務仕事全般で身につくスキルとしてはPCスキル・電話対応力・顧客データ管理能力・正確性などが挙げられます。

さらに、部署や任せられた仕事によっては、それ以上のスキルが身につく場合もあります。

たとえば、数値分析やマニュアル作成時のロジカルな思考力、業務改善実績などをアピールできる可能性があります。

客観的に自分を見て、アピールポイントを探し出せると、転職に有利になることを覚えておきましょう。

面接に注意する

最後に、転職先との面接に注意することも必要です。

今までの習慣がついつい出てしまいがちな、口調や表情にはとくに注意しましょう。

事務仕事はパソコンと向き合っている時間が長く、喜怒哀楽が出にくいので、どうしても表情が硬くなりがちです。

さらに、ロジカルな思考が求められるため、理屈っぽく話す習慣が付いている人もいます。

事務からの転職をする際には、面接時の口調や表情に注意するようにしましょう。

事務を辞めた人の成功体験談

実際に事務職から転職した人の成功体験談をご紹介します。

  • 知識を身につけられた
  • 年齢の近い人が増えた
  • 収入がアップした

実際の体験を読むことで、転職の後押しになるかもしれません。

ぜひほかの人の体験談も参考にしてください。

知識を身につけられた

派遣社員として貿易事務の仕事で働いていました。

将来のことを考えたときに、キャリアプランの見通しが立ちづらく、転職を決意します。

貿易事務の仕事をしながら、パラリーガルの通信講座を受講しました。

そして40代で未経験ながら、法律事務職への転職に成功しました。

同じ事務の仕事ではありますが、努力次第ではキャリアアップも可能です。

法律の知識も身に付き、転職してよかったと思っています。

年齢の近い人が増えた

以前は建設会社の事務として働いていました。

建設会社という職業柄、女性は私と年配の女性だけでした。

事務所にはほかの男性社員もいましたが、年齢は私よりもはるかに上の人ばかり。

ときにはセクハラまがいの言動もあり、非常にストレスを感じながら働いていました。

5年ほど働き、Webプログラムなどを行なうベンチャー企業へ転職します。

これまでの事務仕事とは違い、営業やWebサイトの制作などを行なうようになりました。

職場には若い女性も多く、今までとは違う雰囲気で働くことができています。

未経験の私でもスキルが身に付き、やりがいのある仕事をすることができています。

収入がアップした

以前は地元の工場内で、事務職をしていました。

これまでの風習もあってか、お茶当番や雑用は女性がさせられることがほとんど。

男性もいるのに、電話にはまったく出ません。

雑用以外の仕事も、とにかくデータを打ち込むだけ、書類をファイリングするだけといった単調作業ばかり。

田舎ということもあり、給与も最低ラインしかもらえていませんでした。

この先もずっとこの仕事をしていくのだろうかと思うと、暗い気持ちになりました。

30歳になる前に転職を決意し、地元を離れることに。

お客さまと関わりたいという気持ちもあり、法人営業職の仕事に就職しました。

これまでの仕事とはまったく違いますが、努力した分だけ収入にも反映されます。

大変なことも多いですが、以前の仕事とはけた違いに収入もアップし、転職してよかったと思っています。

事務を退職した後のおすすめ転職先

これまで事務職しか経験していないと「転職しても自分にできる仕事なんてあるのだろうか?」と不安になる人もいます。

しかし、事務職からでも転職できる職種はいろいろあります。

とくにおすすめの職種は下記の通りです。

  • 営業職
  • エンジニア
  • webデザイナー

それぞれの職種がおすすめな理由を具体的に解説していきます。

営業職

最初のおすすめは「営業職」です。

営業職は未経験でも採用してくれる可能性が高いからです。

自分が働いてきた事務仕事の知識を役立てられる営業なら、なお転職には有利になります。

たとえば、化粧品メーカーで事務仕事をしてきた人なら、美容関連の営業がおすすめです。

ほかにも、医療事務で働いていた人であれば、医療器具や薬の営業をするMRが得意かもしれません。

営業職は募集も多いので、比較的転職先が見つけやすいというメリットもあります。

エンジニア

エンジニアもおすすめの転職先です。

国家資格や学歴が必要なく、未経験でもチャレンジできる分野だからです。

また、近年はIT業界の市場が急成長し、人材は不足しています。

経済産業省の調査によると、2030年までに45万人もの人材が不足するといわれています。

参照:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf

将来性もあるので、検討する価値はある職種といえます。

リモートワークが可能な企業も多く、在宅勤務もしやすいという特徴があります。

また、男女の優劣もないので、女性も働きやすい職場です。

エンジニアに転職する際は、プログラミングスクールなどに通っておくと、より有利になります。

Webデザイナー

最後のおすすめは「Webデザイナー」です。

事務職で培ったPCスキルを役立てられる仕事が、Webデザイナーになります。

未経験者でも採用してくれる企業も多く、地道な作業が苦ではない人にとくにおすすめです。

独学でも問題ありませんが、Webデザインのスクールなどで技術を習得しておくと、仕事にも役立てられます。

パソコン仕事が好きな人は、ぜひWebデザイナーへの転職も検討してみましょう。

事務が向いてない時は転職も考えた方がいい!まとめ

ラクな仕事に思われがちの事務仕事ですが、実際は人間関係や仕事のやりがいなど、ストレスも高い仕事です。

会社のために必要な部署ですが、成果が見えにくい分、感謝をされることもあまりありません。

スキルがないので転職が不安だという方は、積極的に転職エージェントを利用してみましょう。

自分に合った仕事を見つけるためにも、転職エージェントは役立ちます。

事務職で培ったスキルや経験を活かし、自分に合った仕事に転職しましょう。