人間関係

職場での人間関係でストレスが溜まっている人に!改善するおすすめの方法3つ

仕事でストレスは付き物!その原因の中でも人間関係は常に上位に位置しています。毎日顔を合わせなくてはいけないから、ストレスに感じる人がいたら疲れますね。

でも解消しないままだとストレスは膨れ上がり、体や仕事に支障をきたしてしまう事も。ここでは、ストレスの改善方やストレスに感じる要因を解説していきます。

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん

職場での人間関係のストレスを改善する方法

人間関係からくるストレスは、不快な気持ちが上手く表現できずに、我慢する事によって溜りがちです。どうしたら上手く改善できるのか状況別に紹介します。

仕事のやり方を変える

立場や能力で人間関係は変化していきます。仕事に対する姿勢や、やり方を変えることで、信頼や自信を持てるようになり改善へとつながります。

報告・連絡・相談を完璧にする

ホウレンソウは、職場での最低限のコミュニケーションツールですが、ついつい疎かになりがちです。

  • これくらいの報告はしなくてもいいかなと勝手に判断してしまう
  • 後で連絡するつもりで忘れていた
  • 何でも自分でしてしまう

ホウレンソウを完璧にすることで、ミスが減り自信にもつながり、仕事上でも信頼度があがります。

ホウレンソウのコミュニケーションツールは、適度な関係を保つ事にも最適です。

頑張り過ぎない

仕事を頑張りすぎて無理を続けると余裕がなくなり、それまで気にならなっかた人間関係にもイライラしたり、ストレスを抱え込む原因にもなります。

適度に休憩を取りながら、出来ないことや間に合わない時などは、積極的に上司や同僚に相談しましょう。

嫌いな人の言動や行動はメモに取る

仕事に集中できないほど気になってしょうがない人って、たまにいますよね。まずはよく観察して、言動や行動をメモしてみると客観的に見られるようになり、相手を知る事により改善方や対処法が見えてくることもあります。

自分もめんどくさい人にならないためにも反面教師にして、観察を続けるとことで、自分の意識のステージも自然と上がっていきます。

自分を変える

同じ事柄でも、ストレスに感じる人と感じない人がいます。考え方やとらえ方が違うから当然です。相手を変えることは難しくても、自分を変えること意識するだけで、少しずつでも簡単に変わっていきます。

どんな事に意識したらいいかを紹介していきます。

笑顔で挨拶

仕事の始まりの挨拶は重要です。同じ挨拶でも小さい声や、お辞儀程度より、大きな声で笑顔で挨拶をすると好印象を持たれ、何より自分の気分もあがりますね。

ストレスに感じている人にも、毎日笑顔で挨拶することで、相手も自分も少しずつ変化を感じるようになります。

聞き上手になる

聞く力を伸ばすということは、仕事の上でも人間関係でも大事なツールのひとつです。聞き上手な人には、何でも話したくなります。聞くことにより信頼関係が生まれ、コミュニケーションが円滑になれば仕事上も助け合ったりとスムーズに運ぶようになります。

自分を肯定する

自分を知って肯定することでストレスは改善します。自分の悪いところ良いところと区別せず、丸ごとが自分だと認めることで、人と比べたり、人の言動や行動も気にならなくなります。

相手も肯定することで、一人一人違うんだと認識を再確認できますので、まず自分を肯定するのは、とても必要なことでしょう。

ドライな人間関係を築く

必要最低限のコミュニケーションでも、仕事上では困らないことを理解しましょう。挨拶やマナー、ホウレンソウをしっかりしていれば、悪い印象はもたれません。

ドライな距離感は、心を疲れにくくしてくれます。

褒める・感謝の気持ちを伝える

感謝されて嫌な気分になる人はいませんし、褒める言葉は、口に出さなければ伝わりません。

「ありがとうございます」だけよりも

「ありがとうございます。さすがですね」のほうがより印象に残ります。

「さすが速いですね」や「さすが正確ですね」などの「さすが」を使った褒め言葉を職場でも意識して活用するだけで、良い評価につながり円滑な人間関係が生まれます。

ポジティブなとらえ方をする

同じ事柄でも、ストレスを感じる人と感じない人がいます。それぞれ考え方や価値観が違うので当然です。相手の言動や行動の意味を理解してみるのも1つの手です。

自分が不快に感じたことでも、相手は不快に感じないことかもしれません。受け取り方ひとつでストレスから解放されます。

「注意された」と感じて落ち込むより

「教えてくれた」と感じるほうが気持ちも楽になります。

環境を変える

仕事とプライベートの境界線があいまいだと、疲れが溜まる一方です。体も心も疲れていると、仕事上でミスが増えたり他人の言動や行動に、ネガティブに捉えがちになり、まさに負のループにはまってしまいます。

生活を整える

睡眠不足は大敵です。早めに就寝して、朝は時間に余裕を見て起床するだけでも、心にゆとりが生まれます。忙しくて、あまり睡眠時間が取れないときは、これだけはすると決めたルーティンがあるといいかも知れません。オンとオフをはっきりするだけでも、気持ちが変わります。

没頭できる趣味を見つける

趣味に没頭している人で、中には趣味の合間に仕事をしていると言い切るような人、周りにいませんか?そんな人が、職場の人間関係でストレスを感じている人は、ほぼいません。

合間の仕事にまで、気が回らないのです。飛躍した言い方になりますが、職場の人間関係の立ち位置は、そのくらいだと思えるようになれば、とても楽になりますね。

休日を有効に楽しむ

せっかくの休日、もう何もしたくないと思いがちです。体を休めることは大切ですが、少しの時間でも散歩をしたり、掃除をし、ぴかぴかになった床を見て達成感を得たりすることで、リフレッシュすることができます。

8割の人が職場の人間関係にストレスを抱えている

仕事にストレスは付き物です。特に人間関係でストレスを感じている人は半数にも及びます。職場での人間関係は、立場などの違いから、様々な対応能力を求められるからです

ここでは、立場から見たストレスの原因となる要素を紹介します。

上司

上司とは、そもそも気を使う存在です。言いたいことや感情を抑えなければいけないことが多いので、ストレスは溜まりがちになります。

同僚

同僚は気安さから言いたいことを言いあえる関係なので、ふとした言動に傷ついたり不快に感じると、今更距離を取れないことから、ストレスは溜まっていきがちです。また、比較されやすくライバルでもあるので、どうしても意識から外すことが難しく、存在自体がストレスの元になることもあります。

部下

コミュニケーションが取りづらかったり、何度も同じ聞かれ仕事の手を止めなければいけないこともあります。また、仕事への意識が低いと、自分のモチベーションも下がってきてしまいます。

ストレスを感じる要因とは?

ストレスは、自分を上手にコントロールできなくなり過度に反応してしまうことで起こる現象です。職場では、人間関係以外にも環境や仕事内容などによってもストレスと感じることもあるでしょう。

改善する方法を知り、自分を上手にコントロールできるようになれば、溜め込む前に解消されていきます。そのために、ストレスの要因となっているものを把握することは重要です。

自分の本意ではなく我慢したとき

職場では、我慢の連続かもしれません。無理な頼まれごとや、本意ではないのに謝らなければならなかったときなど。長々と続く上司の自慢話も我慢して聞く必要がありますね。

我慢ととるとストレスにつながりますが、同じしなければいけない仕事なら、素早くすませて、長い自慢話には上司の観察をしてみたり、意識を外に向けると案外たいしたことではないと気づくかもしれません。

叱責されたとき

人前で叱責されたときは、反省よりも惨めさが先にたってしまいます。同じミスを起こさないかと消極的になってしまい、徐々にストレスに変わってきます。ミスの原因を探り理解し、確認作業を徹底し慌てないように一度リセットする必要があります。

説明や指示が曖昧だったとき

何をどうすべきかがはっきりしていないと、ミスにつながります。相手の意図を汲み取らないといけないので、度々あるとストレスです。日頃から職場全体や相手を観察して、聞く能力を伸ばすことで、曖昧な説明や指示も、昨日のあのことだな、と言うように気づくようになります。メモを取ることも有効です。

言葉使いや態度が悪い

言葉使いや態度が悪い人は、信用度も低いですが、なかなか注意できないので、地味にストレスになります。自分が嫌だなと感じたことを、同じようにしていないか、相手を反面教師にして自分の信用を上げていきましょう。

仕事に対してのモチベーションの低さ

やる気のない人は、自分のモチベーションまで下がってきます。距離を取れる人ならいいですが、同じチームに一人でもいると仕事よりも存在自体に振り回される結果になり、直ストレスにつながります。

相手がこなせなかった仕事が、自分にまわってくることが度重なると、ストレスよりも怒りを感じることも。

モチベーションの低い人に労力や意識を使うより、自分をコントロールするほうが早いです。仕事に集中したり、趣味を充実させたり、存在を意識しないようにしましょう。

ストレスが仕事や体に及ぼす影響

生活する上で誰しもが、ストレスを感じ影響を受けていますが、ストレスが改善されず、蓄積されていくと様々な面でトラブルを引き起こしかねません。

ストレスが蓄積すると、どんな影響を及ぼしてしまうのかを説明します。

不眠症やうつ病

ストレスが上手く解消されずに、蓄積されると我慢の領域を超えて体に不調をきたします。不眠や耳鳴りひどくなると、うつ病になり会社に出社することさえできなくなることも。なかなか自覚が難しい症状ですが、起きられなくなったり、体が疲れて治らない時などは、早めに病院やクリニックに相談するのがいいでしょう。

仕事の効率が落ちる

他人の言動や行動が気になり、仕事が疎かになります。当然効率も落ち、ミスにつながることも。どんどん仕事が溜まっていくと気持ちばかり焦り、同じことの繰り返しになってしまいます。思い切って休むことも大切です。

人間関係は悪くても当たり前

人間関係で悩んだりストレスを抱えている人は多いでしょう。でも気が合う人がいれば価値観が違う人も当然います。友人関係なら気が合う人で楽しめることも職場ではそうは行きません。

色んな人の集まりで、合わない人のほうが多いのが当たり前です。悪くて当たり前と思うことで、心も体も軽くなります。

仕事は選べても、一緒に働く人は選べない

仕事を選ぶとき、仕事の内容やお給料で選ぶ人が多いでしょう。でも退職の理由の半数の人が、人間関係で退職をしています。職場の人間関係は、働いてみないと分からないからです。

では、次の職場は人間関係が良好でしょうか?

やはり、良好とは言えない事がほとんどです。色んな考え方や価値観を持った人の集まりで、立場や能力も違います。良好でなくて当然です。

転職を繰り返すより、自分の意識を改善したほうが、人間関係からくるストレスを早く軽減できそうです。

対人関係のサークルとは?

対人関係のサークルは、一番自分に近い人は家族です。2番目が友達や恋人、3番目はその他になります。大げさに言うと近所の人と職場の人は同じサークルの位置です。

それを無理やり2番目のサークルに入れ、友達になる必要はありません。中には気が合う職場の人も存在するかもしれませんが、仲良くなるということにエネルギーを使わなくいいのです。

職場へ連絡不要、即日退職!

安心の労働組合運営で一律25,000円
03-4405-3848

24時間受付 [年中無休]

お問い合わせフォームはこちら
日本労働調査組合イメージキャラクターニッチローさん

日本労働調査組合イメージキャラクター ニッチローさん