「働く」を調べて発信する
労働調査組合

2021年1月15日 設立

日本労働調査組合の取り組み

労働に関する調査と情報発信に注力する
新しい形の労働組合です。

01-メガホンを持った女性

調査と情報発信の
プラットフォーム

インターネット上で労働調査を行い、メディアを通して情報発信を行います。
労働者の方々、および経営者層に有益なデータを提供し、労働環境の改善、社会に還元することを目的とします。

02-相談する男性

労働者の権利を守り、
環境改善に尽力する労働組合

多くの労働者の方々に組合に参加していただき、労働環境の改善に努めます。

03-ひらめく男性

国家資格を持った
労働問題の専門家がサポート

日本労働調査組合には、弁護士、社労士、税理士など国家資格を有する専門家が顧問として参加しています。労働問題を法律観点から解決します。

提携する
弁護士・社労士・税理士

弁護士:前田 和希

依頼者に寄り添い最善の解決を目指して労働問題に日々取り組んで来ました。労働法は労働者にとって強い味方であり、内容を正しく理解し、適切に企業側に働きかけることで、退職に係る難しい様々な状況を解決するサポートをさせていただきます。

社労士:菅原 伸也

企業顧問として約10年業務に携わっています。従業員視点だけでなく雇用主の視点も持つことで、双方に寄り添い数多くの労働問題を解決してきました。ひとりひとりの状況に寄り添ったサポートをさせていただきます。

税理士:岡田 泰

私はサラリーマンから独立して企業し、今は税理士になりました。論理的な問題だけではなく、会社には複雑な人間関係や感情があります。様々な状況を一緒に考え、適切なサポートをさせていただきます。

労働組合としての対応内容

パワハラ、セクハラ問題の改善
仕事が原因でうつ病に
解雇、過労死問題
未払い賃金
退職サポート
転職サポート

組織概要

正式名称日本労働調査組合
略称日労(ニチロー)
電話番号03-4405-3848
執行委員長名安達 雄也
公式ウェブサイトhttps://nichirou.com
メールアドレスinfo@nichirou.com
設立日2021年1月15日